関西電気保安協会CMの関西人になった俳優は誰?

最終更新日:2020年4月18日

関西電気保安協会のCMが話題になっています。

3月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めた新たなCMシリーズ。

ある日突然「関西人」になってしまったことで起こるエピソードを
全12話にわたってお送りしています。

背の高いひょろ~っとした男性が
目をまん丸くして驚く表情がとても印象的。

このシリーズの主人公である、
関西とは縁もゆかりもない男、西尾学(「西を学ぶ」)役の俳優さんについて
みていきましょう!

ある日突然関西人になってしまった男の物語

関西外から転勤してきた男性、西尾学。

街頭で関西電気保安協会の女性にCDを手渡され、
自宅で寝ながら聞いて見ると、

かんさい~、でんき、ほ~あんきょ~かい♪

という音楽にうなされてるってCMから始まります。

そこから関西人に染まっていく西尾学。

西尾学が毎回ふれ合う人物の中に、
関西電気保安協会の方が1人登場しているのも魅力です^^

このCMでひときわ大きな目玉をむきだしにして驚いている男性。

声は少し幼い印象なのですが、
なんていう俳優さんなのでしょうか?

ロックバンド「THE TOKYO」のギタリスト こだまたいちさん

西尾学役のこの男性は
ロックバンド「THE TOKYO」のギタリスト、こだまたいちさんという方でした。

Twitterでの#うたつなぎにも参加されておりました。

優しい歌声ですねぇ。

プロフィールはこんな感じです

  • お名前:こだまたいちさん(兒玉 太智)
  •  出身地:愛知県
  • 生年月日:1991年3月13日
  • 身長:177cm
  • 特技:弾き語り、ギター、三河弁

ご本人さんは三河人だったんですね^^

2009年に、フォークシンガーを志し上京し

2012年から2018年はメンズノンノの専属モデルだったというこだまたいちさん

出典:https://www.mensnonno.jp/model/kodama/?shm-vp=1

こだまたいちさんの所属するTHE TOKYOについて

懐かしいのに、なんか新しい。
煌めいていて、ギラギラしていて、そして、切ない。日本のロック・フォーク・歌謡曲が放つ土着臭を継承しながらも、懐古主義にどっぷり浸るのでは無く、「現在」に昇華させる。いつまでも錆び付くことのない、エバーグリーンな楽曲を搔き鳴らし続ける5人編成ロック・バンド。ギターの「こだまたいち」は、フォークシンガー・俳優・モデルとしても活動している。

出展:公式サイトhttps://thetokyo.jp/biography/

ちなみにこだまたいちさんはギターですが、
ボーカルはお兄さんのこだまあつしさんておっしゃいます。

出典:https://thetokyo.jp/releases/otoko/

2018年にはカバーアルバムとなる「男」をリリース。

嶋大輔さんの「男の勲章」、
南佳孝さんの「スローなブギにしてくれ」、
沢田研二さんの「時の過ぎゆくままに」、
寺尾聰「シャドー・シティ」などをカバー。
昭和の男の魅力あふれる名ナンバー11曲があつまっているということで、
個人的にとても魅力的なバンドでありました

男 [ THE TOKYO ]

楽天で購入

 

 

 

ミュージシャンでありながら、
the shes gone 「ふたりのうた」のMVや
出演映画『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』などに出演するなど
俳優としても活躍されています。

関西電気保安協会のCMでは
冴えない男性っぽい感じを醸し出していましたが、
なかなかイケメンさんですねw

人って変わるものだわ^^;

私はこのCMをみて、
始めてこだまたいちさんを知ったのですが、
ネットをみていると
認知度高いですね

まとめ

関西電気保安協会のCMで関西人になってしまった男、
西尾学役の俳優さんはこだまたいちさんでした

モデル、ミュージシャン、俳優と
マルチに活躍するこだまさん

CMの印象とはうらはらに
とてもカッコイイ一面をみせて頂き感謝です。

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です