仮面ライダーゼロワン第11話「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」のネタバレと感想!大和田伸也さんがあんさつちゃんに狙撃?!

仮面ライダーゼロワン第11話「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」を視聴しました!

或人の思いに心動かされた大和田伸也さんが撮影に復帰。
しかし、あんさつちゃんが師匠である大和田伸也を狙っています。

再び窮地におちる飛電インテリジェンスが気になるところです。

仮面ライダーゼロワン第11話「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」のネタバレ!

滅はあんさつちゃんを評価、迅はやきもち

滅はあんさつちゃんをラーニング復元しています。

迅はあんさつちゃんがお友達のマギアを襲ったことを告げ口しますが、
滅はその行為をたたえるのです。

迅より成長が目覚ましいと評価され
迅はふてくされて部屋の隅でほほをふくらませながらすねてしまいました。

滅は次のターゲットとして大和田伸也を命じます。

師匠である大和田伸也を指名されたあんさつちゃんは息をのみます。

或人の必死の説得に心が動く大和田伸也

映画スタッフは大和田伸也の降板を知り
お蔵入りにならないか不安になります。

或人は説得を試みますが
大和田伸也は機械であるヒューマギアには人間の厚みが感じられないという評価をします。

しかし、或人はヒューマギアは接する人によって変わってくると論じます。
いいかげんに関わるといい関係はつくれない、
それは人と人とのぶつかりあいと一緒である。

会社のイメージも大事ですが、
ヒューマギアの可能性を知ってほしい、
そう語るのでした。

少し或人の話に興味を持ち始めた様子の大和田伸也。

そして、或人がヒューマギアに救われたときの話を始めます。

スタジオがエンジに襲撃される!

エンジは控室でなぜ自分はダメなのか考えているようでした。
その背後で滅がしのびよっているのも知らず。。。

エンジはスタッフのもとに歩んでいき、
アルシノマギアに変身してしまいます。

滅によって滅亡迅雷.netに感染させられていました。

唯阿がすかさず仮面ライダーに変身。

或人も一報を受けて仮面ライダーに変身しかけつけますが、
そこには仮面ライダー滅が立ちはだかります。

パワーで圧倒されるゼロワン。

そしてバルキリーがアルシノマギアを撃破すると
仮面ライダー滅も立ち去ります。

唯阿は垓のところへ傷ついたアルシノゼツメライズキーを渡します。

唯阿は垓にゼツメライズキーがつかわれたことをなぜ知っていたのか尋ねますが、
垓はこのシナリオをもっと劇的にしようと話すのでした。

大和田伸也がピンチを救う

大和田伸也の降板とエンジの破壊という事態を招いた責任を
副社長福添は或人にせまります。

そこへ大和田伸也が登場し、
その決断はまだ早いのではといいます。

或人がヒューマギアに救われたように、
自身は芝居に救われた

芝居を信じることでここまでこれたから
またヒューマギアの可能性を信じてみたい

そう笑顔で話してくれました。

しかし、エンジは破壊されてもういません。

大和田伸也は自分がビシビシ鍛えてやると
心強い言葉をかけてくれます。

そして鼠の名台詞

「お前を救えるのは俺だけだ」

まで飛び出して、映画継続を約束します。

福添は断固反対しますが、
イズより社長の決定は絶対だといわれ
しぶしぶ承諾します。

大和田伸也が狙撃される?!

撮影続行となり、
新しいエンジと大和田伸也はやる気に満ちていました。
台本をチェックするエンジによりそう大和田伸也です。

そんな二人をほほえましく見ていた或人とイズでしたが、
唯阿からZAIAに同行するよう促されます。

ZAIAは宇宙開発の全般を担う大企業。
そして飛電インテリジェンスと以前ヒューマギアを共同開発していました。

唯阿は実はZAIAの人間で
エイムズに出向し技術顧問を担っていました。

垓のもとへ連れてこられた或人

名刺交換が終わると
垓が早速本題を切り出します

飛電インテリジェンスをお売りいただきたい

驚いた或人はその真意を問いますが、
垓は決断を早くした方が御社のためだと言い放ちます。

 

撮影場では大和田伸也が銃弾に倒れるシーンが行われていました。
カットがかかっても起き上がろうとしない大和田伸也。

銃を撃ったのは俳優ではなく、
その背後にいたあんさつちゃんでした。

異変に気付いた不破が現場へ向かう途中
あんさつちゃんと遭遇し
戦闘開始します。

滅VSゼロワン、ドードーマギアVSバルカン

大和田伸也が倒れた現場にかけつけた或人。
監督からヒューマギアが大和田伸也を襲った。
ヒューマギアは殺人マシーんだ!と叫ばれ、
動きが止まります。

その背後から滅が
ヒューマギアは人類を滅ぼすのが我々の使命だと現れます。

二人とも仮面ライダーに変身し
戦闘を開始します。

仮面ライダーゼロワンもバルカンも
仮面ライダー滅・ラーニングされたドードーマギアに歯が立ちません。

ゼロワンはマンモスに変身ブレイキングインパクトをかまします。

しかし、仮面ライダー滅はびくともしませんでした。

革命は続く、人類は滅びゆく定めだ

そう言い残し、立ち去ります。

飛電インテリジェンスさらなる窮地に

ニュースでは大和田伸也が狙撃され、
飛電インテリジェンスのヒューマギアによるものだと
報道されてしまいます。

飛電インテリジェンスへは立ち入り捜査が入りました。

或人は垓から言われた言葉を思い出しています。
撮影現場に戻ると、御社に非常事態が起きるはず
なぜ、そのことを知っていたのか考えているようでした。

そのとき、衛星ゼアが新たなプログライズキーを作ろうとしています。

 

つづく

 

仮面ライダーゼロワン第11話「カメラを止めるな、アイツを止めろ!」の感想!

大和田伸也さんが或人の説得によって復帰してくれたのに、
銃撃されるってどうなの?!

ちょっとショッキングでした。

しかもあんさつちゃんがなんのためらいもなく狙撃しているのが
なんだか怖かったですね。

力の差では仮面ライダー滅とパワーアップしたドードーマギアに
かなわなかったゼロワンとバルカン。

まだまだパワーアップしていく必要があるようですね!
終盤にゼアが作り始めていたプログライズキーも気になります!

だんだんあんさつちゃんが怖い表情になってきちゃったから、
わたくしころいまの癒しは迅くんのふくれっつらですよw

11話最後は暗い展開だから、
もういっかい最初に戻って迅ちゃんみとこ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です