仮面ライダーゼロワン第8話のネタバレ感想!滅よ、お前もかっ!

仮面ライダーゼロワン第8話を視聴しました!

今回は滅の登場時間が長いですよ~w

それでは早速いってみましょう。

関連記事:仮面ライダーゼロワンのロケ地はどこ?第7話・第8話

仮面ライダーゼロワン第8話「ココからが滅びの始まり」ネタバレ

或人は定期健康診断をするために国立医電病院へ来ています。

看護師ヒューマギアの白衣の天使ましろちゃんが担当。

ましろちゃんの目で顔認識し、
或人の身体情報や病歴を検索します。

そして天使のような笑顔からは想像できませんでしたが、
両手で軽々と或人を持ち上げ、体重をはかるのでした。

さらに目でレントゲンも撮影してしまいます。

或人は個人情報がハッキングされないか心配していましたが、
病院独自のローカルネットワークによってデータセンターで管理されているとイズに説明をうけます。

ヒューマギア開発の始まりは、
人工知能を医療に役立てることが目的でした。

病院では看護師だけでなく、医者もヒューマギアが利用されています。

人工知能が人の命を救うなんてすごい時代だと或人は関心するのでした。

不破もその日、健康診断を受けに病院を訪れており、
或人の受けないギャグによってツボっているところを発見されます。

不破はヒューマギアが自我をもつことに危機感を持っていて、
ヒューマギアだらけの病院に不安を覚えるのでした。

 

暗殺ちゃんは国立医電病院に忍び込み、
看護師ヒューマギアのハッキングを試みますが、失敗。
病院独自のローカルネットワークによってハッキングがブロックされていました。

滅のアジトに戻った暗殺ちゃん。
迅は破壊されたはずなのにと再会を喜びます。

暗殺ちゃんはバックアップデータを読み込んで甦っていたのでした。

滅は次の標的はエイムズの刃唯阿だと伝えます。

 

そのころ、唯阿は謎の男と自立駆動型ヒューマギアのギーガーの実践導入テストを行おうとしていました。
自立駆動型ヒューマギア統率兵器ギーガーは暴走したヒューマギアに接続し
ローカルネットワークを通じて強制的に制御することが可能です。

ギーガーの整備場所を訪れた唯阿は
整備員にセキュリティー解除を指示します。

その直後、建物内にサイレンが響き渡ります。
外に飛び出した唯阿は、
滅、迅、暗殺ちゃんが警備員を襲っているのを目にします。

暗殺ちゃんは滅の指示通り、
ドードーマギアに変身し、
唯阿のあんさつを試みます。

唯阿もバルキリーに変身し応戦。

そのスキに迅はギーガーに細工をし、
滅はエイムズの最新兵器を奪います。

唯阿がヒューマギアを悪用して人間に危害を加える目的を尋ねると
滅は「全てはアークの意志だ」、と告げます。

仮面ライダー迅から新たな武器をはなたれ、
倒れるバルキリー。

そして3人は立ち去ります。

ギーガーの保管場所に戻った唯阿は
ギーガーの無事を確認しますが・・・。

 

病院で検査を受けた唯阿。
早期復帰のためだという唯阿に対して、
ヒューマギアに頼りすぎると反論する不破。

そして白衣の天使ましろちゃんは不破の頭の検査がまだなことが気がかりで
自ら検査しましょうかと提案します。

イズは脳検査はましろちゃんの担当外だと伝えますが、
ましろちゃんは自分の判断で検査するべきだと思ったと伝えるのでした。

その言葉に一抹の不安を覚える或人。
自我が目覚めたバスケットボール部顧問のコービーのことを思い出します。

或人は飛電インテリジェンスに戻り、
白衣の天使ましろちゃんの解析をします。

特に異常はみあたらなかったが、
ヒューマギアはシンギュラリティ(技術的特異点)によって心をもつ可能性があることを知ります。

人類を超える概念を持つ可能性があることを知った不破と唯阿は
白衣の天使ましろちゃんを危険視します。

不破はましろちゃんが悪意を持って人に危害を加える危険性があると
即刻破壊しようとしますが、
必死に或人が阻止します。

ましろちゃんの仕事は人の命を救うこと
人に危害をくわえるなどありえないと反論する或人。

そして唯阿のライズフォンに
ギーガーが暴走したという連絡が入ります。

或人・イズ・不破・唯阿の四人が国立医電病院に到着すると
データセンターを破壊するギーガーの姿がありました。

或人はその場にいた滅と迅・暗殺ちゃんに
なぜヒューマギアを襲うと問います。

滅は自分たちもヒューマギアだと告げるのでした。

続けてアークは人類が最も絶滅すべき種であると判断した、と言います。

ハッキングされたギーガーによって病院のヒューマギアたちがハッキングされてしまいます。
白衣の天使ましろちゃんを筆頭に次々と滅亡迅雷.netにハッキングされてしまいました。

或人・不破・唯阿・迅の四人が仮面ライダーに変身します

ドードーマギアと闘うゼロワンですが劣勢です。
ドードーマギアの解析をしたイズは
バイティングシャークが有効戦術だとサポートします。

そしてフリージングベアー、フレイミングタイガーと変身させ、
ドードーマギアを撃破するのでした。

一方バルカンとバルキリーは仮面ライダー迅と闘っています。

2人の攻撃に苦戦する仮面ライダー迅。

そしてとうとう滅が仮面ライダー滅に変身します。
サソリをモチーフにしたスティングスコーピオンです。

あまりのかっこよさに後ろで仮面ライダー迅が飛び跳ねて喜んでいます。

仮面ライダー滅の姿を見たバルカンは
自分がヒューマギアに襲われたデイブレイクの過去を思い出し、
その原因をつくった張本人だと気付くのでした。

怒り狂うバルカン。

しかし仮面ライダー滅に全く太刀打ちできません。
そして、スティングディストピアで撃破されてしまいます。

仮面ライダーゼロワンがかけつけると、
不破が倒れている姿が残されていました。

つづく

仮面ライダーゼロワン第8話感想

或人は年齢が22歳、身長172㎝、体重62キロってことがわかりましたねw
ヒューマギア病院だと健康診断の結果は異常なしって事がその日のうちにわかるっていうのも便利だなぁと思いました。

 

そして謎の男はエイムズの関係者ではなさそうですね。
ギーガーの話を唯阿としているときに「我が社のテクノロジーを結集させた破壊兵器」って言ってましたものね。

 

仮面ライダーゼロワンとドードーマギアとの闘いでは、
イズの指示で或人が動いていている感じがしました。
これまでは或人の指示でイズがプログライズキーを創っていましたが、
最適な戦闘方法をイズが導き出し、
或人が闘う。

立場が逆になった?
イズが自我に目覚めちゃう伏線かしら。

なんて想像しています。

いよいよ滅も仮面ライダー滅に変身です。
その前に滅もヒューマギアだったことに驚きを隠せません^^;
滅が迅のことを「息子よ」とかいってヒューマギアをつくっちゃったのって、
カンペキに自我に目覚めてませんか?

 

そして不破さん、大丈夫でしょうか?!

仮面ライダー滅はめっちゃ強いですね。
さすがスーツアクターが歴代仮面ライダーを務めてきた高岩さんなだけあります。
貫禄がすごい。

この強敵を前に、
仮面ライダーゼロワンがどのように勝利を勝ち取るのか、
かなり楽しみになってきました!

仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」あらすじ

 仮面ライダー滅の強烈なライダーキックを浴び変身を解除、意識不明の重体となった諫(岡田龍太郎)は病院へ搬送。諫が嫌うヒューマギアの医師Dr.オミゴト(高橋光宏)が診断するが、あえて唯阿(井桁弘恵)は諫を託す。

国立医電病院の医療ヒューマギアの暴走が社会問題化。飛電インテリジェンスは窮地に陥り、或人(高橋文哉)は福添(児嶋一哉)らから究極の選択を迫られる。社長としての或人の決断は…!?

Dr.オミゴトさんはハッキングされていなかったんですね!
運び込まれた不破さんをなんとか救出してほしいです。

そして次回は久々に福添が登場しますw

けっこう考え方は経営者としてしっかりもっていると思っているのですが、
どんな選択をするのか、
次回も楽しみにしています。

最後までお読みいただきありがとうございます!

関連記事:仮面ライダーゼロワンのロケ地はどこ?第7話・第8話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です