仮面ライダーゼロワン最新話12/22放送分のネタバレ!滅亡迅雷.netの終結?!そして天津の狙いが判明!

最終更新日:2019年12月22日

仮面ライダーゼロワン第16話「コレがZAIA(ザイア)の夜明け」が放送されました!

傷ついたイズは復活してくれるのでしょうか?

そして、仮面ライダー迅との最終決戦がはじまります。

仮面ライダーゼロワン第16話「コレがZAIA(ザイア)の夜明け」のネタバレ

イズは衛星ゼアと会話しています。
修理中のため、身体にノイズがはしっています。

仮面ライダー迅に攻撃を受ける姿
或人がイズを心配する姿

これまでの映像が甦り、
イズのセントラルメモリーが無事だということがわかりました。

状況を確認するイズ。

或人がシャイニングアサルトホッパーに変身する姿が映し出されます。

イズは「このままでは・・・」と何かひっかかることがあるようです。

 

仮面ライダー迅とシャイニングアサルトホッパーの対決です。

唯阿は滅亡迅雷.netでしかつかえないはずのアサルトホッパーをなぜ或人が使えているか考えます。
そして、衛星ゼアが全てを予想していたことだという結論にたどりつきます。

お前らは俺が止める!という或人に対して、
僕たちは止まらないよ、滅亡するのは人類だ!、と返す迅。

ギーガーも二体参戦してきたため、
そちらの対応をしていたシャイニングアサルトホッパー。

そのうちに、仮面ライダー迅は滅びのスコーピオンズゼツメライズキーを装着。

スティングカバンショットをゼロワンめがけて攻撃します。

まともに攻撃をくらったシャイニングアサルトホッパーは
建物に激突し、倒れてしまいます。

ギーガー二体がつい攻撃をしようと近づいてきて、
ピンチ!なところで、
或人は衛星ゼアに連れて行かれました。

そこでノイズの入ったイズが話しかけます。

シャイニングアサルトホッパーを最大限に引き出すため、
シャインシステムの起動を提案するというのです。

シャインシステムとは、或人の意志をあらゆる面からサポートする
攻守一体のシステムとのこと。

或人は、社員に支えられてこそ頑張れる、といいかえ、
イズと一緒に、アルトじゃ~ないとっ!と決めポーズをします。

イズは「シャイン」と「社員」をかけた
非常におもしろいジョークですね、と微笑みます。

或人は、この闘いにゼッタイ勝つから、
イズもなおってくれと小指をだして指切りしようとします。

イズは、はじめは首をかしげていましたが、
情報を得たのか、自分も小指を出してゆびきり約束をしました。

シャインシステム起動!

眩しく輝くシャイニングアサルトホッパー

青色に輝くダイヤがシャイニングアサルトホッパーを囲みます。

仮面ライダー迅は、そんなの聞いてないよとたじろぎながらも
意を決して攻撃をします。

しかし、青色のダイヤがシャイニングアサルトホッパーのバリアとなって、
攻撃が届きません。

シャイニングアサルトホッパーの一撃に吹き飛ばされる仮面ライダー迅

パワーもスピードも完全版シャイニングアサルトホッパーの方が上となりました。

仮面ライダー迅は、倒れ、傷つきながらも
こんなことで負けるか、
僕は・・・僕たちは・・・人類を滅亡させるんだ!
そう拳を握ります。

或人は人間が何をしたんだ?!と問うと、
仮面ライダー迅は、

そんなこと知らないよ・・・
そうやって滅に教えられてきたんだから!

と、答えます。

その言葉にはっとするシャイニングアサルトホッパー。

そして、ヒューマギアが純粋であることを再確認します。

悪意のあるラーニングを受けなければ、
迅と闘うこともなかったかも、と
やさしくはなしかける或人。

いつか、人間とヒューマギアが笑い合える日が来るといいな

そう話す或人でしたが、
迅は
ヒューマギアが笑えるのは、人類が滅亡したときだ!と空高くジャンプ。
キックしてきました。

或人はこれで終わらせる!とシャイニングストームインパクトで応戦し、
迅を倒します。

人類は必ず滅亡する・・・
アークの意志のままに・・・

空に手をかざして、迅は爆発してしまいました。

 

滅の眠るデイブレイクタウンでは、
滅の亡骸の脇にあるラーニング装置から、
天津がでてきました。

進捗率1000%・・・

そうつぶやく天津。

イズは再起動します。

優しく微笑みかける或人。

イズは、動作確認と称してエアあるとじゃないとのポーズをし、
正常だと判断したようです

おかえり、と或人。

或人はイズのおかげで闘いに勝つことができたとお礼をいいます。

イズも、自分を修復してくれたことにお礼をいいます。

或人は、何も知らない自分を社長にし、ここまでこれたのは
イズのおかげだといいます。

イスも社長を補佐するのは私の仕事だと返します。

或人はひといきついて、緊急取締役会に向かう決意をします。

責任をとってけじめをつけないと、と厳しい表情で向かいます。

 

飛電或人社長を解任するべきであるひとは挙手を・・・

副添は手を挙げます。

或人を睨みながら笑みを浮かべる副添。

しかし、挙手をしているのは副添だけでした。

 

たったひとりでテロリストと闘い、
人間を救ってくれたヒーローだと役員達は思ってくれていました。

満場一致で、或人が社長を継続することになりました。

副添も、すこしでも気を抜けばいつでも社長の座を奪うきをつけろ!、と
クギを刺して、社長となることに同意しました。

 

エイムズは滅亡迅雷.netが撲滅したことを発表。
ヒューマギアが暴走することはないと報道させます。

唯阿はZAIAにもどることが決まったようです。
不破は唯阿が滅を回収してなにか調べていたことをいい、
どうするんだと聞きますが、
唯阿は不破のスキにしろ、と立ち去ろうとします。

不破は自分は何と闘っていたのかと唯阿に問いかけます。

ずっと滅亡迅雷.netを憎んできたのに、
目の前にあるのはただの鉄の塊だ、と。

唯阿は何も言わずに立ち去りました。

 

街はクリスマスムードです。

イズは多数の笑顔を検出しましたと微笑みます。

或人は、ヒューマギアと人間が笑い合える日をこれから叶えていこうと決意します。

 

唯阿は天津に滅亡迅雷.netの脅威が去り、
ヒューマギアの暴走はなくなったことを報告します。

しかし、天津は滅亡迅雷.netはなくならないと返します。
ヒューマギアが存在する限りは・・・

アークが生きているからだと話します

そして、アークを生み出したのは天津自身だと告げるのでした。

目を見開く唯阿。

12年前に打ち上げ予定だった衛星に、
人間に悪意を持つようにラーニングさせた人工知能が誕生した、
それがアークだと話します。

そしてアークが滅亡迅雷.netを生み出したが
デイブレイクによって墜落。

湖の底で眠りについていた。

アークが甦ったことで、その力を利用し
ZAIAの技術が全世界に君臨することを想定しているようです。

天津はZAIAの技術を全世界に広めるために、
これまでのシナリオを仕組んでいたようです。

唯阿は命がけで闘った自分たちが駒になっていたことに怒りを覚えます。

天津は本当の闘いはこれからだ、
私の右腕となって活躍することに期待している、といい、
デスクにつきます。

唯阿は、納得していないながらも はい、と承諾するのでした。

 

街ではヒューマギアが再び暴走。

不破も或人も自体がわらないまま
仮面ライダーに変身し、闘いを始めます。

無事にマギアを撃破するも、
一抹の不安を拭いきれない不破と或人。

翌日、報道陣から再びヒューマギアが暴走したことにたいして
詰め寄られる飛電インテリジェンス

或人は現在調査中ということしか話すことができません。

セキュリティーについては対策をとっているので、
ご安心ください、と説明するしかありませんでした。

そこへ天津が登場。

天津は報道陣に向け、
暴走の危険があるヒューマギアと
それを野放ししている飛電インテリジェンスを放置してはいけません。と語り始めます。

そしてTOBを宣言すると発表しました。

或人は意味が分からずイズにひそかに聴きに行きます。

イズは、
飛電インテリジェンスの株式を買い付けて
経営権を取得することだと説明しました。

つまり、或人の会社を天津の会社にする、ということ。

天津は続けて、自分が買収したあとは、
暴走ヒューマギアを全て廃棄することを約束します。

或人は天津とにらみ合います。

そして、回収された滅の目が開きます。

その目は青色に光っていました。

天津はZAIAに戻り、
仮面ライダードライバーを手に、
これからは1000%私の時代だ、と微笑むのでした。

つづく

 

第17話「ワタシこそが社長で仮面ライダー」のあらすじ

 ザイア・エンタープライズ社長の垓(桜木那智)による買収宣言に揺れる飛電インテリジェンス。ザイアはかけるだけで人工知能と同等の思考能力を人間が得られるザイアスペックを開発。その売り上げを伸ばし、急成長していた。

垓は或人(高橋文哉)にザイアスペックをかけた人間とヒューマギアが競う勝負を提案。飛電が勝てば買収提案を取り下げるという。或人は「受けて立ちます」と快諾。まず生け花対決を行うことになり、或人は花屋型ヒューマギア・一輪サクヨ(村上穂乃佳)をヒューマギア代表に指名する…。

出典:公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です