長良川中日花火大会2019の穴場スポット6つ紹介!トイレの場所もチェック!

毎年多くの人でにぎわう長良川中日花火大会!

せっかく行くのですから、きれいな花火を楽しみたいものです。

そこで、打ち上げ会場周辺のおすすめ穴場スポットを紹介します!

その1 岐阜メモリアルセンター

事前の場所取りが禁止となっている長良川中日花火大会ですが、
ここは大会当日の朝から場所取りが可能です!

長良川球場前のサンサンデッキや芝生広場などが開放されています

芝生広場

花火大会ってトイレ心配ですよね!
トイレの場所はこちら

 

その2 長良川球場

内野スタンドの一部が無料開放されます。

トイレも使えるので、女性やトイレの近い方には便利ですね!

その3 長良川公園

打ち上げ場所のほぼ正面に位置しています。
例年ですと15時ころにはいい席が埋まっているので、
午前中の場所取りがポイント!
屋台も近いので、お腹がすく前にゲットしておこう。

長良川公園のトイレはこちら

その4 長良川プロムナード

川沿いに整備された遊歩道になっています。
ゆったり楽しむなら、比較的混雑の少ないココがおススメ!

トイレは右岸、左岸を中心に100基ほど用意されているので、
そちらを利用するのがいいでしょう。

その5 金華橋下流(南側)

仕掛け花火はみなくてもいいよーっていう人は
ここがおススメ!
近くに屋台もあるし、
午前中に場所取りしておけば安心です。

こちらもトイレは右岸、左岸を中心に100基ほど用意されているので、
そちらを利用するのがいいでしょう。

その6 ぎふ金華山ロープウェー

大会当日は22:30まで営業しています。
岐阜城の天守閣は人気スポットとなっているので、
夕方までに場所を確保しておきましょう。

ロープウェー料金(毎時10分間隔で運行)
大人(12歳・中学生以上)往復1080円
小人(4歳~11歳)往復550円
4歳未満のお子様は大人1人につき1人無料です。
(2人目から小人料金がかかります。)
障害者手帳を持っている方は半額。
介助者は身体障害者手帳については1種、
療育手帳についてはA種、精神障害者保健福祉手帳は1級及び2級の方の場合
半額となります。

岐阜城の入場料
大人(16歳以上)200円
小人(4歳以上 16歳未満)100円

2014年ころには、浴衣でロープウェーに乗ると、
片道料金で往復できるという割引があったようですが、
今年も開催されているかは不明です。

2018年では山頂レストランの屋上が無料開放されていたそうです。
レストラン自体は16時までの営業なので、
恩返しではないですが、レストランで早めの夕食をとりたいところですね!
金華山頂上では、 花火を見下ろして鑑賞できるなかなか素敵なスポットです。

トイレは山麓の売店外と頂上にありますので、
安心して行けますね!

いかがでしたか?
岐阜で一番人気の花火大会ですから、
いい思い出にしたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事:長良川中日花火大会2019の駐車場やバスなどアクセス方法!場所取り可否や有料席についても!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です