ブルーインパルスのオリンピック開会日飛行時間はいつ?過去の飛行時間から予想してみた!

最終更新日:2021年7月16日

2021年7月23日にいよいよ開会となった東京オリンピック。

開会日にブルーインパルスが東京都内を展示飛行します。

飛行ルートは公表されましたが、肝心の飛行時間はまだ明かされていません。

いったいいつごろになるんだよぅぅぅ。

近くを飛ぶならみてみたいわぁ。

そんな方もいるかと、過去の飛行時間を調べて予想してみました。

オリンピック開会日にブルーインパルスの展示飛行が決定

宮城県石巻では、五輪の輪をつくる練習も行われていたようです。

本番では色がつくという情報も。

当日快晴だったなら、壮大なキャンパスに描く五輪の輪は、 さぞ感動するだろうなぁ(語彙力w)

ブルーインパルスについてはあまり詳しくないですが、一糸乱れぬ連携でみせるアクロバットは一体全体どういう訓練したら達成できるのか、いつも疑問に思います。本当に人間がやっているのかと思うくらいとてつもない技術ですよねぇ。

ブルーインパルスの飛行時間はいつ?

東京オリンピック大会開催日のブルーインパルスによる飛行ルートは発表されましたが、何時ごろ飛ぶのかはまだ明かされていません。

和田政宗衆議院議員のツイートによると、当日直前に発表になるのだそうです。

え~っ、それじゃあ見逃しちゃうかもしれないじゃん!!

そう思うのも無理はないですよねぇ。

そこで、過去のブルーインパルス飛行時間を調べてみました。

日付 イベント名 時刻
2021年5月23日 東北絆まつり2021山形 14時30分頃
2021年4月22日 令和3年度第70回となみチューリップフェア 12時頃から20分程度
2020年5月29日 東京都内上空 12時30分から13時10分
2019年12月15日 新田原基地航空祭 2019 (新田原エアフェスタ) 13時30分頃
2019年11月13日 入間基地航空祭 2019 13時25分頃
2019年10月20日 エア・フェスタ浜松 (浜松基地航空祭) 2019 13時15分頃
2019年9月25日 ラグビーワールドカップ2019日本大会 14時10分頃

昨年の2020年は新型コロナウイルス感染予防で開催中止になっていました。

一部ですが、こうやって振り返ってみると、12時から14時30分ごろが多いですね。

個人的に有力候補は開催中止ながらサプライズで展示飛行をしてくれた12時30分ごろではないかな。

密を避けたいとはいえ、やはりできるかぎり多くの人に見てもらいたいだろうし、12時30分なら仕事のひとでも昼食を食べてひといきついたころでしょう。

公園のベンチでサンドイッチと牛乳食べて、午前中の忙しさを忘れるようにふぅっと空を見上げたら、ちょうどブルーインパルスが一糸乱れぬ連携で飛んで来たら、けっこう感動しませんか?

まとめ

ブルーインパルスによる東京オリンピック大会開催日の飛行時間については、開催日の直前に公表されます。
私は2020年5月に東京上空をサプライズ飛行した12時30分頃ではないかと予想します。

せっかく開催されるのですから、なにかしらのワクワクを体験したいです。

できるだけ多くの人の目に留まることを祈っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です