東京2020オリンピックチケットを払い戻ししたい!いつからできる?

最終更新日:2021年7月6日

2021年7月23日に開催する東京2020オリンピック大会。

7月6日に観客の人数上限と収容率の制限に伴う販売済チケットの抽選結果の公表が予定されておりましたが、政府のまん延防止等重点措置が7月11日に延期となった影響で、抽選結果もまたもや延期となりました。

もう、早くどっちかに決めて!とイライラがマックスになりつつも、チケットを払い戻すかそのまま持っているか悩んでいる人はいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 抽選に落ちた。。。
  • 昨年11月の払い戻し期限を過ぎてしまった!
  • 引っ越しでいけないの確定(><)
  • ワクチン接種が間に合わないからあきらめるしかないか。。。

そんなときのために、オリンピックチケット払い戻し期間はいつなのか、また払い戻し方法をチェックしておきましょう。

東京2020オリンピックチケット払い戻しはいつから?

東京2020オリンピック公式チケット販売ページによると、オリンピック観戦チケットの抽選結果の公表は2021710()未明に変更するとの発表がありました。

未明っていつやねん!

夜がすっかりとは明けきらない時分のことを「未明」といいますが、だいたい午前3時~日の出前には結果が発表されるようです。

それにともない、オリンピックチケットの希望者への払い戻し受付も発表されました。

2021年7月10日(土)未明~7月20日(日)午前11:59

またもや10日間という短い期間で払い戻しをしなければならない状況になりましたね。。。

今回こそは忘れずに払い戻し手続きを終わらしてしまいたいところです。

払い戻しができるのは、購入したときに登録した本人のみです。

一般チケットは個別に払い戻し申請ができますが、
車いすユーザーチケットと同伴者チケット、東京2020みんなで応援チケットの場合はまとめての払い戻しとなるので、注意が必要です。

再抽選に落選してしまったチケットについては、自動的に払い戻しの手続きがとられるということですが、心配な方は「マイページ」から申請が必要なのかチェックしておきましょう。

忘れずにオリンピックチケットを払い戻すには

頭で覚えていると、どうしても「うっかり」忘れてしまうことって多々あります。

ここで忘れずに自分に気づかせる方法をいくつか紹介しますね。

「オッケーわかった、あとでやろう」って思ったあなた!私みたいにそのままトイレいって忘れちゃう前に、今すぐこれからいう方法のどれかをやっておいてくださいね。

  • スマホやPCのGoogleカレンダーを使って通知させる
    (Googleカレンダーの予定入力画面で「通知の追加」をクリックし、何分前にお知らせするか設定する)
  • 家のカレンダーに記入する
  • 玄関や階段など、毎日必ず通る場所にメモを貼っておく
  • 手帳を使っている人は蛍光ペンや色をつけて目立たせる

東京2020オリンピックチケットを払い戻す方法

それでは、2021年7月10日(土)未明~7月20日(日)午前11:59の期間に払い戻す方法をみていきましょう

東京2020チケット購入・利用規約によると、次のように書かれています

41条(払戻方法)

1.チケット購入者に当法人からのチケットの払戻しが認められる場合には、チケット購入者は当法人が指定した期日までに、東京2020公式チケット販売サイトで払戻しの申請を行なう必要があります。払戻しの申請の際には、少なくとも、払戻しの対象となるチケットの席種、枚数を特定しなければなりません。詳細は当法人にて定めるとともに、適時に東京2020公式チケット販売サイトに掲載します。

2.公式チケット販売所を含め現地でのチケットの払戻しはできません。公式チケット販売所で購入したチケットの払戻手続についても、東京2020公式チケット販売サイトで行なう必要があります。

3.払戻手続は、東京2020公式チケット販売サイト内のマイチケットのページから行なうことができます。

4.海外送金を伴うチケットの払戻しに際しては、チケット購入者において、何らかの制約、遅延その他の負担が発生することや(海外送金が認められないこともあります。)、送金・受取費用ないし手数料等の費用または手数料の負担が生じることがあります(これにより払戻金額がなくなることもあります。)。

出典:東京2020オリンピック公式チケット購入サイト

東京2020公式チケット販売サイトで払戻しの申請を行なう必要があるということです。

購入者がみることのできるマイチケットのページから申請可能とのことなので、期限の7月20日までにアクセスしてみましょう。

※発表直後だとアクセス集中でつながりづらい状況になる可能性も考えられます。払い戻し希望者はもれなく返金してくれるとのことなので、すこし時間をずらしてアクセスしてみましょう

払い戻し登録申請の手順についてはまだ案内がないですが、2021年1月発表の払い戻し手順と同等になるのではと思います

  1. 公式チケット販売サイトのマイチケットへアクセス
    (購入時に登録したIDとパスワードを用意)
  2. 【払い戻し申請】タブ内の一覧より「注文番号」を選択
  3. 払い戻しを希望するチケットを選択し、払い戻し条件に同意
  4. 返金方法を確認(Visaか現金返済か)
    現金返済を選択した場合、口座登録する必要があります
  5. 払い戻し申請内容を確認し、申請完了
  6. 返金されるまで、待つ

実際返金される時期については、即時ではなく、大会終了後に随時返金されるとのことなので9月以降になると思われます。

カード明細や通帳明細の確認をしっかりしていきましょうね。

詳しい返金方法については、東京2020オリンピックチケット購入公式サイトにある「振込口座登録手順」のPDFをご覧ください。

払い戻し期限を過ぎてしまったらどうする?

今回の払い戻し申請期限をすぎてしまったら無効になるのでしょうか?

前回の再抽選発表の時に7月の期間が最後だというアナウンスがあったので、払い戻し不可となる可能性が大きいです。

また、公式サイトのみ許可されていたリセールは導入しないことが決定されました。他サイトで転売すると違法行為となってしまうので、注意してくださいませ。

なんとしても7月20日までに払い戻し手続きを完了してくださいね。

まとめ

東京2020オリンピックチケットの払い戻しは、再抽選の結果発表と同時に案内されます

2021年7月10日(土)未明~7月20日(日)午前11:59

払い戻し手順は東京2020公式チケット販売サイトでマイチケットページから払戻しの申請をします

返金の時期については、大会終了後に順次開始される予定ですので、申請したのに返金されない!とあわてないように注意しましょう。

また、今回を最後に再払い戻しが申請できるチャンスはありません。払い戻しを希望する人はわすれずに、どうかわすれずに手続きをなさってください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です