Honbike(ホンバイク)の重量は?カッコいいけどデブな私でも乗れる重さ?

最終更新日:2021年6月23日

スタイリッシュでカッコいいと話題のチェーンレス電動アシスト自転車、Honbike(ホンバイク)。

二つ折りにたためて、移動も楽々、
坂道も楽々登っちゃう、
そしてチェーンがないから服に汚れが付かず、
巻き込まれる心配ものない!とのことで
蜜を避けた自転車通勤に使いたいという人が多いようです。

でもバッテリー搭載だし、重いんじゃないの?

シンプルな作りになっているけれど、
体重89キロある私でも乗れるのかしら?

そんなことを疑問に思ったので調べてみたいと思います。

Honbike(ホンバイク)の主な仕様

シックでかっこいいですねぇ。

カラーは「白・黒」か「赤・黒」の2種類。

アラフィフの私は絶対「赤・黒」です!
西部警察のスカイラインみたいでカッコいいw

主な使用はこちらのとおり

項目 仕様
サイズ(長さ×幅×高さ) 折り畳み前:1545mm×595mm×1070mm
折り畳み後:910mm×390mm×800mm
バッテリーセル 18650 3200mAH
充電時間 3.54h
タイヤ 20×2.125
登坂力 5
車体材質 6061AL
軸間距離 1016mm
車両重量 20kg
最高設計速度 24km/h
ブレーキ ディスクブレーキ
連続走行距離 35km
センサー トルクセンサーと速度センサー
ライト LED
保護等級 IP65
駆動システム ドライブシャフト
リム マグネシウム合金の一体型リム
耐荷重 100kg
バッテリー容量 36V 6.2AH
バッテリーモデル 永久磁石無整流子電動機
モーター出力 前置きモーター 36V 200W
ノイズ指数 70dB(A)以下

自転車のブレーキといえばママチャリに多いドラムブレーキというのを知っていますが、
Honbikeは車と同じディスクブレーキを使用しています。

スポーツタイプの自転車でも最近は採用されているみたいですよ。

こうすることで、雨の時や滑りやすい路面などでも安定したブレーキングをしてくれます。

見た目もメカニカルでカッコいいですよね。

さっきからカッコいいしか言っていませんが、
評判もや期待値もよろしいのです。
https://www.makuake.com/project/honbike/

Honbike(ホンバイク)は何キロまで耐えられるのか?

さて、本題に入りますが、
折り畳みができて、電動アシスト自転車だと、
体重が重い人はかなり車種が限られていそうですよね。

ママチャリなら100㎏耐えられるのですが、
やっぱりこういうおしゃれな自転車も乗ってみたいのです。

↓のだと推奨体重65kg。

 

 

↓こちらは80kg

 

↓こちらは150kgまでOK

 

ちなみにHonbikeは 100kgまで耐えることが出きますよ

これなら89キロの私でも安心して乗れる!そして買える!

さらにほかの折り畳み電動アシスト自転車と決定的に違うところは、

チェーンがないというところ

これにより衣服の巻き込み事故を防ぐことができます。

フレアーロングスカートだったり、
ワイドパンツでも安心して乗れますね。

森尾由美さんが「早く起きた朝は」で着用していたピンクハウスのフリフリスカートでも大丈夫です。

 

まとめ

チェーンレスの折り畳み電動アシスト自転車Honbike(ホンバイク)は
100kgまでなら安全に乗車できる仕様になっていました。

本体は20kgしかありませんから、
幼稚園児がお相撲さんをおんぶするくらいすごい力を持っていますよ。

今まで体重がネックでカッコいい自転車に乗ることをあきらめていた人は
候補にいれてみてもいいのではないでしょうか?

2021年6月23日現在で4,372名の方が応援購入しているHonbike。

締め切りは6月29日までです。

応援購入はこちらから。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です