小池都知事の記者会見で不規則発言をした記者は誰?(新型コロナウイルス)発言の内容も気になる!

最終更新日:2020年3月26日

2020年3月25日20時から行われた新型コロナウイルスに関する
小池東京都知事の記者会見。

東京都での感染者数が1日40人を超えたということで、
ロックダウンを避けるために協力を要請しました。

この会見の最後になにやら質問した記者がいて
司会の方に「不規則発言はやめてください!」って
怒られていた記者さんがいたのですが、
この方はいったいどこの誰なのでしょうか?

小池都知事の記者会見ノーカット版

38分9秒あたりからなにやら質問している男性記者さんがいらっしゃいます。

ちょっとろれつがまわっていないような感じでよく聞き取れないのですが^^;

 

「知事!◯◯総合病院の◯◯について、なんで公表しないんですか?」

「医療崩壊寸前なんじゃないんですか?」

「院内感染不足じゃないんですか?」

「中野のどこのコールセンターの院内感染をなんで公表しないんですか?」

 

こんなような発言をされているように聞き取れます。

Twitterでもこの不規則発言について話題を呼んでいました。

 都知事記者会見の最後に叫んでいた記者は誰?

司会者に「不規則発言はやめてください!」って注意されていた記者は
横田一さんという記者のようですね。

けっこう有名な記者さんらしく、
過去の都知事記者会見でも最後に不規則発言をしていました。

リンク内の動画をみてみると
口調が似ているので
今回も横田記者じゃないかと私は思いました。

ご本人さんのツイートでも過去のものですが、不規則発言について言及していますね。

横田一さんはフリーのジャーナリストとして活動されています。

山口県生まれ
東京工業大学卒業
1957年生まれ(62歳くらい)

主な著書↓

  • 『漂流者たちの楽園』朝日新聞社 1991
  • 『テレビと政治』すずさわ書店 1996
  • 『ダイオキシン汚染地帯 所沢からの報告』緑風出版 1998
  • 『どうする旧国鉄債務』緑風出版 1998
  • 『所沢ダイオキシン報道』緑風出版 2001
  • 『暴走を続ける公共事業』緑風出版 2003
  • 『クレジット・サラ金列島で闘う人びと』岩波書店 2008
  • 『シールズ選挙〈野党は共闘〉』緑風出版 2016
  • 『亡国の首相安倍晋三』七つ森書館 2016

『漂流者たちの楽園』では奄美大島宇検村入植グループ(無我利道場)を
右翼が襲撃した事件を描き
1990年ノンフィクション朝日ジャーナル大賞を受賞しています。

どんな発言をしていたのか?

横田一さんが主張していたのはいったいどんなことなのでしょうか?

この件については、横田一さんが記載している記事に答えがありました。

「知事、中野ドコモコールセンターの集団感染について一言、なぜ地名を公開しないのですか」(司会者の『不規則発言は止めてください』を聞き流しつつ)「中野区に隠蔽要請していると聞いていますよ。ドコモは五輪スポンサーだから公開しないのですか。(記事で「都内のコールセンター」と書いた)毎日新聞にも圧力をかけたのですか。(中野駅)北口商店で消毒されているじゃないですか。なんで隠蔽するのですか。なぜ、都のホームページに公開しないのですか。隠蔽じゃないですか。透明化はどうしたのですか」

出典:https://www.data-max.co.jp/article/34809

中野駅北口商店で消毒うんぬんというのはこちらが元になっていると思われます。

この消毒作業が東京都内にあるNTTドコモのコールセンターで
新型コロナウイルスに感染した従業員がいたというニュースに
関連しているのでは?ということのようです。

東京五輪の1年延期が決定になったことを受けて
感染者の数が急に増えだしたのは
これまで開催実行するために検査数をセーブし
感染者数を抑えていたなんて噂も耳にしていますので、
NTTドコモがオリンピック協賛社だから
情報を隠蔽したという話も
なんだか納得してしまいます。

まとめ

小池都知事の記者会見で不規則発言をした記者は
ジャーナリストの横田一氏でした。

都内で起こったNTTドコモのコールセンターでの集団感染が
中野区でおこっていて、
都が中野区に隠蔽要請をしたのでは?という追及をしていたのでした。

都知事は何も言わず去ってしまったわけですが、
正確な情報はやっぱりしりたいし
出して欲しいですね。

それを知った上で自分はどうするべきかを
判断していきたいと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です