仮面ライダーゼロワン第12話「アノ名探偵がやってきた」のネタバレと感想!

仮面ライダーゼロワン第12話「アノ名探偵がやってきた」を視聴しました。

仮面ライダーゼロワン第12話「アノ名探偵がやってきた」のネタバレ!

警察ではヒューマギアによる大和田伸也殺人未遂捜査本部が立ち上げられ
大和田伸也を狙撃したヒューマギアは正体不明であること、
飛電インテリジェンスに立ち入り調査した結果、
同じ容姿のヒューマギアは存在しなかったことが確認されました。

エイムズの唯阿と不破も立ち会っており、
唯阿は社長室のとなりにヒミツのラボがあることをリークします。

社長室のラボへの立ち入り調査が決定してしまいました。
現在ラボでは新しいプログライズキーを制作中であり、
警察の立ち入り調査が入ると支障がでてきてしまいます。

イズは或人に犯人を倒し、ゼツメライズキーのデータを手に入れることで
問題が回避できると提案します。

そうこうしているうちに警察が社長室にやってきます。

立ち入り調査をさせろという警察に対して、
いまはちょーっとまずいんですよぅ。と繰り返す或人。

これは怪しいと詰め寄る警察でしたが、
もう一人社長室に入ってきました。

旧型ヒューマギアのワズナゾートク探偵です。
或人の父と同じタイプでした。

ワズ探偵は敬愛する飛電インテリジェンス社長の名にかけて
自身が謎を解いて見せましょうといだしました。

ワズは伝説の名探偵として警察内でも有名でした。
副添も先代の社長自慢の最高傑作だったと記憶しています。

ワズは警察と名刺交換しながら或人の携帯に電話を掛け
イズの脳内と或人に話しかけます。

この窮地を救うというワズに対して
イズは正体不明の人物からの誘いは断るべきだと進言します。
しかし、或人はその誘いに乗ると言いました。

社長室のラボを見せろという警察に対して或人は
鍵を解錠するパスワードをわすれたととぼけます。

そして警察の目の前で仮面ライダーゼロワンに変身し
俺の仕事着だといって社長室を出て行ってしまいました。

警察はあっけにとられていましたが、
ゼロワンを追って社長室をでていきます。

イズはワズに聞きたいことがたくさんあると詰め寄るのでした。

警察の目を逃れて飛電インテリジェンス屋上へ戻ってきたゼロワン。
その直後、バルカンがゼロワンに銃口を向けてやってきます。

ヒューマギアを信じると大見得を切ったのはウソだったのかと問うバルカンへ
ゼロワンは今回もヒューマギアを信じただけだと話します。

そしてバルカンの足を凍らせ、動きを封じて立ち去るのでした。

滅はあんさつちゃんを縄で縛り、
ゼツメライズキーを外して強制停止させていました。

迅が不思議がると
あんさつちゃんは暗殺を極めた、巣立ちのときだ
そういって近くに居たマギアに滅たちを襲わせます。

そして縄をほどき、
ドードーマギアに変身。
仮面ライダー滅&仮面ライダー迅と戦い始めます。
滅と迅はあんさつちゃんのパワーがさらにアップしていることに脅威を覚えます。

 

ヒミツの出入り口から社長室にもどってきた或人、
名探偵ワズからの指示だったようですが、
イズはなぜそのことを知っていたのか事情を聞きます。

そしてワズはイズの兄であることを告白します。
イズはしばらくフリーズしてしまいましたw

判断処理を行った結果、
ワズのいうことは悪質な冗談であると検出したようです。

ワズに疑いの目を向ける或人

ワズはかまわず、
自分は先代社長自らが手掛けたヒューマギアで
イズのプロトタイプであると説明します。

先代社長はヒューマギアの陰謀に気付き、
ワズを製造し探偵として活動させました。

そして知り得た情報を先代社長に伝えたといいます。

そして或人とイズが窮地に陥ったときに助けるようプログラムされていました。

イズの解析によるとウソではないということです。

そして或人は自分の父と同じように笑顔が優しいワズを信じるといいます。

 

イズとワズで調査する間、
或人は警察とエイムズを惹き付けるという作戦開始です。

警察の追っ手から逃れると今度はバルキリーの登場です。

ゼロワンに銃口をむけるバルキリー。
ゼロワンはラボのことをリークしたのは唯阿ではないかと問い詰めます。
それがZAIAのやり方なのか?

その問いかけに一瞬目を背けるバルキリー
そのすきにゼロワンは逃げ去ってしまいました。

イズは或人にワズは廃棄するべきだと通信します。

調査に同行しているが、
工場やお祭りイベントに参加して楽しんでいるだけであり、
非常に低レベルなヒューマギアだと判断したようです。

或人はイズが怒っているように感じ
もう少しワズを信じてみようと話します。

イズは自分が怒っているといわれたことが理解できないようでした。
しかし、社長の命令ならとあと数時間は辛抱してくれるようです。

そんなワズとイズを尾行していた不破。
ワズに見破られてしまいます。

しかし、不破はワズのことをとんだポンコツと言い放ちます。
イズも今回は同意しているようです。

ワズは謎は既に解けていると話、
工場内に潜んでいたヒューマギアの窃盗団を捕まえることに成功します。

ヒューマギアを盗んで売りさばく犯人に
あんさつちゃんについて詳しく聞き込みをすることにします。

名探偵ワズは
盗難届が出ているお祭り用ロボット
祭田ゼット5体が犯人であると推測します。

しかし、イズは顔も全く違うと反論します。

データ管理IDと顔の皮膚を変えて売りさばくのが窃盗団の手段です。
飛電に該当するデータが無く、
同じ顔のフューマギアが破壊されても何体もでてくることから出した答えでした。

そう説明して居うるうちに、
祭り会場であんさつちゃんと同じ顔をしたヒューマギアを発見。

祭田ゼット5体の内4体が滅亡迅雷netによって盗まれたと考えると、
残り1体から事情を聞けばなにかわかるかもしれません。

不破はワズのことを見直したようです。
まるで人間の探偵のようだと感じていました。

イズはワズがすでにシンギュラリティを起こしているのではという考えがよぎります。

ぬきあしさしあしで近づくワズでしたが、
あんさつちゃんに気がつかれ悲鳴をあげて逃げてしまいました。

森の中に逃げ込んだあんさつちゃん、
その前にドードーマギアが登場します。

ドードーマギアは自分は四号だと話しかけながら近づきますが、
五号のあんさつちゃんはおびえて逃げてしまいます。

おいかけようとしますが
バルカンがドードーマギアと戦闘

ドードーマギアに押されるバルカンでしたが、
ワズがあらかじめ連絡していたゼロワンもかけつけ助けます。

フレイミングタイガーとバルカンの合わせ技で
ドードーマギアを炎に包み倒したかにみえましたが、
ダメージを受けた様子はありませんでした。

イズはやはり新しいプログライズキーが必要だと感じます。

ちょうどそのころ衛星ゼアからの新型プログライズキーが完成しました。

イズは急いで回収しに会社へ戻ります。

ゼロワンとバルカンはすでにドードーマギアにラーニングされているため
先読みされて攻撃をすべてカワされてしまいます。

急いで戻ってきたイズが
新しいプログライズキーをゼロワンに渡します。

しかし、ワズは胸騒ぎがすることから
ブレイキングマンモスのほうがいいと叫んでいます。

一瞬ためらう或人でしたが、
新しいプログライズキーでないと
敵のラーニングは上回れませんという言葉を信用し、
ゼロワンシャイニングホッパーへと変身します。

つづく

 

仮面ライダーゼロワン第12話「アノ名探偵がやってきた」の感想!

いいところで終わってしまいましたw

いやしかし、警察へのはぐらかしかた、或人下手すぎでしょw
「いま、ちょーっとまずいんですよぉ」
そんなこといったら怪しいの満載ですよねw

なんと暗殺ちゃんは祭田ゼット5体セットだったんですねw
滅がすぐに同じ顔でマギアを用意できたのは、そういうことだったのか。

祭り会場でおびえていた四号のあんさつちゃんは
まさにラーニングされるまえのさらの状態。
そして仲間の他の4体がいないことから不安でおびえていたのかな?

そして来週はイズメインの回となりそうですね!
新しいプログライズキーに何か細工をしたのでしょうか?イズさん?
ワズの胸騒ぎも気になるところです

仮面ライダーゼロワン第13話「ワタシの仕事は社長秘書」のあらすじ

新たなプログライズキーで或人(高橋文哉)はゼロワンシャイニングホッパーに変身、ドードーマギア改に立ち向かう。しかし、簡単にその力をラーニングされ圧倒されると、イズ(鶴嶋乃愛)を守るため攻撃を受けとめ、変身解除に追い込まれる。

新たなキーがドードーマギア改にも通用せず、しかも或人は自分を庇って傷だらけに。責任を感じたイズは「私は社長秘書失格です」と自らを責める。

傷つきながらも祭田ゼット5号(松村龍之介)をドードーマギア改から守ろうと懸命に捜索する或人。或人はゼロワンに変身、バルカンと共にドードー戦闘員と戦う。そんな2人の前に現れた滅亡迅雷.netの滅(砂川脩弥)は、ゼロワンらに意外な提案を持ちかける。それは…!?

出典:公式サイトより

あんさつちゃんが手に負えなくなり、
滅が或人と手を組むのでしょうか???

来週も楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です