仮面ライダージオウ第2話「ベストマッチ2017」のネタバレと感想!

仮面ライダージオウ第2話「ベストマッチ2017」を視聴しました。

仮面ライダージオウ第2話「ベストマッチ2017」のロケ地はどこ?

仮面ライダージオウ第2話「ベストマッチ2017」のネタバレ

仮面ライダージオウとゲイツの闘い

仮面ライダーゲイツが仮面ライダージオウを襲う

仮面ライダーゲイツはソウゴがオーマジオウとして目覚める前に
仕留めるつもりのようです。

力の差では仮面ライダーゲイツのほうがまだ上。

危機一髪のところでツクヨミがジオウを助けました。

ジオウはバイクにのってその場を去ります。
ゲイツもバイクで追います。

しばしバイクラリー

ジオウはなんとか身を隠してゲイツをまくことができます。

ゲイツはツクヨミに何故止めたか問い詰めますが、
ツクヨミ自信もなぜそうしたのかわからないようでした。

ウォズとの出会い

ゲイツから逃げることができてホッとするソウゴでしたが
今度はウォズに遭遇します。

ウォズはツクヨミやゲイツの仲間ではなく、
ソウゴを王にするための協力者だといいます。

そして、ゲイツ達の他に、
タイムジャッカーたちが別の魔王を擁立させようと企んでいることも知ります。

そのころ、
タイムジャッカーのウールが再びアナザージオウを甦らせ、
今度は野球選手たちを襲っています。

それを発見したゲイツは仮面ライダーゲイツに変身し、
野球選手を救ってあげます。

しかし、アナザージオウの力は以前よりも増しているようでした。

アナザージオウが仮面ライダーゲイツとツクヨミに攻撃をしかけます。

やられそうになる直前に、
仮面ライダージオウが登場し二人を助けます。

ジオウはウォズに成り行きを聞いて助けに来たのでした。

ツクヨミは、これが自分たちが見てきたオーマジオウなのかと信じられない様子です。

そして、キックでアナザービルドを撃破しますが、
すぐにまた復活してしまいます。

戦兎と龍我との出会い

ソウゴは何か閃いたようで、
その場を立ち去り、戦兎と龍我に会いに行きます。

しかし、二人はソウゴと出会った記憶がないようでした。
そして、ポケットに入っていたウォッチを手にすると
記憶が戻ります。

そして戦兎は自分のウォッチと龍我のウォッチをソウゴに
「過去の俺によろしくな」といって返すのでした。

ビルドアーマーの装着

仮面ライダーゲイツはアナザービルドを何度も倒しても復活し
かなり疲労していました。

ソウゴが戻ってきて、ゲイツに成り行きを話し、
2017年に戻ればアナザービルドを倒すことができると考えます。

二人はタイムマジーンに乗って2017年へ向かいます。

2017年の世界では、
アナザービルドが高校生を襲っています。

そして戦兎と龍我が遭遇、
ビルド、クローズに変身しますが、力が安定しません。

闘いの途中でソウゴとゲイツが駆けつけます。
戦兎と龍我が再開を喜び駆け寄ろうとしますが、
ウールが二人の時間を止めてしまいました。

ウールはソウゴに新たなる魔王擁立のジャマをするなといいます。

アナザービルドとなったバスケットボール選手は
車にひかれることで人生の時間が止まってしまう運命でした。
そして、ウールによって時間をうごかすことで歴史を変えたと喜ぶのでした。

しかし、ソウゴは時計だったら止めたり巻き戻したりできるが、
人生は違う、自分の歩む道は自分で選ぶしかない、
自分で動かさない時間は動かないと反論するのでした。

ウールは、ソウゴの未来がどうなるか楽しみにしているとその場を去りました。

ビルド、クローズの動きも復活し、
仮面ライダー4人でアナザービルドと闘います。

しかしやはりビルドとクローズは力が安定しません。
戦兎と龍我は変身を解除し、ソウゴに託します。

ソウゴはビルドウォッチを使って仮面ライダービルドの力を受け継ぎます。

ビルドアーマーをまとった仮面ライダージオウは
仮面ライダーゲイツとともにアナザービルドを撃破!

バスケットボール選手も人間の姿に戻ることができました。

 

ゲイツは戦兎と龍我がなぜウォッチを持っていたのかソウゴに問い詰めますが、
ソウゴにはわかりません。

そして戦兎と龍我に再びウォッチを渡すのでした。
そのときの戦兎と龍我は再びソウゴのことは知らず、
差し出したウォッチを興味深いと眺めています。

歴史が変わっても戦兎はビルドに、龍我はクローズになる気がする
ソウゴはそんな気がするとかんじるのでした。

ツクヨミは自分たちを助けたソウゴがオーマジオウになるのか疑念を持っていた、
しかしゲイツはアナザージオウを倒してもビルドは消滅し、
ジオウがビルドウォッチを手にすることができたため、
歴史はオーマジオウへ進んでいると解釈しています。

クジゴジ堂にツクヨミとゲイツが同居?!

闘いが終わった次の朝、
クジゴジ堂の2階の空き部屋に
ツクヨミとゲイツが住むことになりました。

ツクヨミはオーマジオウかどうかソウゴを観察するため、
ゲイツはソウゴを倒す機会を待っているようです。

うまくやっていけそうかと大叔父に聞かれると、
ソウゴはうまくいきそうな気がする、と笑顔で返すのでした。

つづく

仮面ライダージオウ第2話「ベストマッチ2017」の感想!

仮面ライダービルドは人を救うために闘ってましたね!
いや、普通はそうなんですけれど、
ツクヨミが未来のオーマジオウと比べると信じられないということで
ちょっと新鮮に感じられました。

しかし、自分の命を狙っているゲイツと同居することになったのに、
「うまくいきそうな気がする」って言っちゃうソウゴの寛大さ、
王の貫禄が芽生えてきているのでしょうかw

私は仮面ライダーシリーズはゼロワンから視聴し始めたので、
ジオウに出てくる歴代の仮面ライダーたちについてはあまりよく知りませんでした。

こういうのをみちゃうと、気になっちゃう。
ビルドもみたくなっちゃったですw

これからの回も過去の仮面ライダーのエピソードにつながっているのかなぁ。

ちょっと楽しみになってきました🎵

最後までお読みいただきありがとうございます!

関連記事:仮面ライダージオウ第2話「ベストマッチ2017」のロケ地はどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です