仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」のネタバレ感想!アルトのギャグが冴える!

仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」を視聴しました!

私ころいま、初めて或人のギャグに笑ってしまいましたw

注目の第9話、早速みてみましょう。

仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」ネタバレ

 

病院に搬送された不破。
ヒューマギアのDr.オミゴトがオペを担当することになりました。

 

滅と迅はギーガーと大量の引き連れて次の病院へと向かいます。

そこへフレイミングタイガーに変身した或人が立ちはだかります。

滅と迅も仮面ライダーに変身して応戦。

人間の制御から解放されたヒューマギアは人類とたもとを分かつ

そういう滅に対し

ヒューマギアは人間を救う存在だ

という或人。

力関係では仮面ライダー滅のほうが上です。

滅の攻撃によって、仮面ライダーゼロワンは吹き飛ばされてしまいました。

飛電インテリジェンス存続の危機?!

ニュースでは、
滅亡迅雷.netにより暴走したヒューマギアが国立医電病院を襲撃したと報道されています。

ヒューマギア評論家は、ハッキングされたヒューマギアは目が赤くなる、
それをみたら近づかないようにと警告しました。

飛電インテリジェンスの社長室では、或人、イズ、副社長の福添3人組がその報道を見守っていました。

飛電インテリジェンスデータベースによると、
滅亡迅雷.netのヒューマギアを開発した記録は確認できませんでした。

飛電インテリジェンスの株主や購入者達から3000件の問い合わせが殺到しています。
株価も暴落し、ヒューマギア事業の継続が危ぶまれる事態です。

副社長は
二次被害を防ぐために、
病院のヒューマギアたちをシャットダウンするべきだと詰め寄ります。

しかし、病院は現在人手不足で、大勢の人間を救うことができなくなってしまします。

或人は社長としての判断をせまられますが、
人間を救うことに喜びを持っていたヒューマギアが
ハッキングされていく様子を思い浮かべ、決断できずにいました。

みかねた副社長の福添はイズに強制シャットダウンを命令します。

不破の手術をDr.オミゴトが・・・

病院ではシャットダウンされたヒューマギアに戸惑う患者たちがいました。

不破の手術担当であったDr.オミゴトも不破を手術室に運ぶ途中でシャットダウン。
廊下に倒れ込んでしまいます。

付き添いにいた刃唯阿は、
Dr.オミゴトの首元にある傷を発見します。

Dr.オミゴトはハッキングされたギーガーに襲われていたのでした。

唯阿は飛電インテリジェンスにいる或人のもとへ行きます。

或人はハッキングされた悪いヒューマギアもいるかもしれないが、
いいヒューマギアもいると思うということを信じたいとイズに話します。

そこへ唯阿がハッキングされても、
自分の使命を全うしようとするヒューマギアがいたことを告げに来ました。

そして、ギーガーはエイムズの兵器だったということを話、
道具に頼った結果が招いたことを悔やんでいました。

そのことを聞いた或人は迷いが吹っ切れ、
病院のヒューマギアたちを再稼働させます。

そして自分がなんとかする!と滅たちの元へ向かうのでした。

唯阿は1人でなんとかしようとする無謀さを危険視し、
或人が死んでもいいのか?とイズに問います。

イズは少し考えたあと、

いいえ

と答えます。

マンモスプログライズキーの誕生

唯阿はマンモスのゼツメライズキーをイズに手渡し、
ギーガーと関係が深いはずだといいます。

イズは同様の物を見たことがあり、
それは先代社長が構想した大型災害時に人類を救助するシステムでした。

イズは会社に大きな損害をもたらすことがあっても
或人社長のことを信じたいと思っていました。

それは善意なのか、悪意なのかを考えています。

そして、衛生ゼアが新しいプログライズキー、
マンモスプログライズキーを作成しました。

 

手術室ではDr.オミゴトが不破の手術を始めようとしていました。
しかしなかなか執刀を始めません。

自分の仕事は人を救うことなのか、
人をあやめることなのか葛藤しているようでした。

 

滅と迅は次なる病院へ到着。

ハッキングされたギーガーに病院を襲わせます。

滅は人間の奴隷でなく、この星の主であるという考えのようです。

仮面ライダーゼロワンも到着し、
ギーガーと闘います。

しかし全く刃が立ちません。

人類は絶滅種となり、
ゼロワンがそのひとりとなる、と滅はいいます。

或人はそれはないと否定、

お前らがアークの意志なら、
こっちにはゼーンの意志がついてるからな!

ちょっと言っていることが理解できていない滅。

そこへイズが遠くから或人のギャグを説明しながら駆け寄ってきます

 

「善良のお医者さん」という意味をかけたギャグです♪

 

イズは或人にマンモスプログライズキーを手渡します。

ギーガーと同じような大きさの仮面ライダーに変身。

そして無事、ブレイキングインパクトによって
ギーガーを破壊することができました。

滅はゼロワンの存在は計算外だったと感じていました。

不破の手術は成功!唯阿に疑惑が・・・

不破の手術は無事に終了。

手術室からでてきたころにはもう意識が戻っていました。
そして、自分を救ったのがヒューマギアだったことを知ります。

不破は或人に
ヒューマギアに襲われた記憶と
ヒューマギアに救われた記憶の
二つの記憶ができたことを告げます。

だからといってヒューマギアを許すとかいうことではないといいますが、
或人は

言い方がふわっとしているな、不破だけに!

とギャグを言ってしまいます。

ツボにはまった不破は
術後の傷を傷めてしまいます。

 

飛電インテリジェンスの社長室では、
イズが報道番組をみていました。

暗殺ちゃんがハッキングされた映像が流されていましたが、
目が赤くありませんでした。

そして、イズが解析した結果、
その映像を撮影したのは唯阿だったのです。

イズが唯阿にそのことを尋ねると
唯阿は自分ではないと否定するのでした。

つづく

仮面ライダーゼロワン第9話「ソノ生命、預かります」感想

或人のギャグ、今回は冴えてましたね!

アークを悪
ゼーンは善だったとは。

ギャグ指導のハッピー遠藤さんの本領発揮ですねw

 

そして、Dr.オミゴトはハッキングされても
自分の仕事を見失うことがなく全うできました。

ヒューマギアの強い意志を感じる事ができますね。

道具ではなく、意志を持ったロボット。
だから人間の下僕ではなく、
自分の意志で最善の行動をする

人間を助けるというスピリットが根付いていれば
安心・安全な社会をつくることができそうですね。

でもそうなるとどうしても、
人間より勝ってしまうヒューマギアたちは
人間を逆に制御しようとしてしまうのでは?という懸念がでてきちゃうのでした。

そして今回はギーガーVS仮面ライダーゼロワンブレイキングマンモス

CGがめっちゃ使われていました!

スタッフさん、お疲れ様ですw

仮面ライダーにロボットでてくると
戦隊ものみたくなっちゃうの不思議♪

次回は大御所俳優大和田伸也さんが登場しますよ!

仮面ライダーゼロワン第10話あらすじ

 或人(高橋文哉)ら飛電インテリジェンスは、初の俳優型ヒューマギアのエンジ(崎本大海)とベテラン俳優の大和田伸也(大和田伸也)が共演するドラマプロジェクトを企画。諫(岡田龍太郎)らエイムズも撮影所の警備で協力する。

その諫は、イズ(鶴嶋乃愛)から暗殺ヒューマギア(松村龍之介)の映像をリークしたのが唯阿(井桁弘恵)だったことを知らされ、にわかに動揺。そのとき迅(中川大輔)と暗殺ヒューマギアが撮影所に現れたという連絡が入り…!

出典:仮面ライダーゼロワン公式サイト

楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です