劇場版仮面ライダージオウover quartzer2019のネタバレ!仮面ライダーゼロワンや仮面ノリダーはどこで登場?

最終更新日:2020年2月27日

 

2019年7月26日に公開された劇場版「仮面ライダージオウover quartzer」を視聴しました。

仮面ライダージオウの「本当の最終回」であり、
平成仮面ライダーにとっての最終回でもある今作品。

2020年1月にBlu-ray & DVDが発売されていましたが、
ワタシはU-NEXTで視聴しましたよ^^

550円のレンタル作品でしたが、
毎月もらえるポイント1200を使って追い金無しで観られました~

↓初回31日間は無料でお試し↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の情報はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

劇場版仮面ライダージオウover quartzerの概要

2019/日本 上映時間66分
監督:田崎竜太
原作:石ノ森章太郎
脚本:下山健人
音楽:佐橋俊彦
主題歌:DA PUMP
アクション監督:宮崎剛
特撮監督:佛田洋
出演:奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐、稲葉友、クリス・ペプラー、ISSA、YORI、TOMO、KIMI、U-YEAH、KENZO、DAICHI、前野朋哉、若林時英、斉藤秀翼、パパイヤ鈴木、生瀬勝久、木梨憲武
声の出演:小山力也

劇場版 仮面ライダージオウ over quartzerあらすじ

残されたドライブライドウォッチの謎。その鍵は戦国時代に隠されていた。魔王・織田信長と出会い、歴史上の戦いに身を投じるソウゴたち。そこにであらわれたのは歴史の管理者を名乗る“クォーツァー”、仲間だったはずのウォズも、その一員として立ちはだかった。やがて明かされる、ソウゴたちのこれまでの戦いに隠された衝撃の事実。常磐ソウゴ=仮面ライダージオウ、その存在に隠された大いなる陰謀とは?時空を超えた冒険のはてに、ついに誕生する王は最善か?最悪か?

ついに「仮面ライダージオウ」真の最終回へ――。

出典:東映https://www.toei.co.jp/movie/details/1214553_951.html

 

劇場版仮面ライダージオウover quartzerのネタバレ

冒頭、民の前に立つウォズは仮面ライダーゼロワンを「令和の象徴」と紹介します。

民衆は最初は戸惑っていましたが、
大太鼓の音に合わせてゼロワンコールを始めます。

常磐ソウゴはそこで目を覚ましました。

ジオウの時代が終わって、
新しい仮面ライダーが現れる変な夢をみていたと
ツクヨミとゲイツに話します。

そこへ大叔父の順一郎が部屋に入ってきて
戦国時代の屏風絵が変わっているというニュースを知らせます。

テレビのニュースでは
長篠合戦図屏風に「芸津殿」という描写の武者と
タイムマジーンのようなロボットの絵が描かれていました。

ソウゴ、ツクヨミ、順一郎は一斉にゲイツをみますが、
本人は全く知らない様子です。

ソウゴは長篠合戦図屏風は
徳川家康と武田軍が戦った1575年の合戦を屏風絵にしたものだと
スラスラとツクヨミに説明します。

ソウゴくんは歴史に強かったんですね!

そこで、テレビ画面が切り替わり、
仮面ライダードライブの生みの親「クリス・ペプラー」ならぬ
クリム・スタインベルト」が映し出され、
ソウゴたちの助けが必要だと伝えます。

ソウゴとゲイツはスタインベルトの言葉に導かれ
とある地下室へと行きます。

そこには金庫が置かれていて、
中には十字架が入っていました。

ソウゴが「いいにおいだな」と十字架を触ろうとすると
それを制止する人物が後ろから現れます。

仮面ライダーマッハの詩島剛です。

彼もまた、クリム・スタインベルトに呼び出されたのでした。

三人が地下室から出ると
茶髪のセミロングイケメン(斉藤秀翼)が待ち構えていました。

彼は謎の仮面ライダー「ザモナス」に変身して
ソウゴたちに襲い掛かります。

そして十字架を奪うと
「マッハもドライブも消える」と言い残し消え去ってしまいます。

ホログラムのクリムが事情を説明しようとしますが、
データが乱れてよく聞き取れません。

ゲイツはクリスの存在を消すことで
仮面ライダードライブとマッハも消滅させようと企んでいるのではと考えます。

剛は消えた友を甦らせるために今まで生きていたこと、
そしてそれはクリスがいなければ実現できないことを伝え、
時を超えられるソウゴたちにクリスを守ってくれと頼みます。

ソウゴは剛と約束し、
ツクヨミ、ゲイツ、ウォズの四人で
タイムマジーンに乗り込み、
1575年へ向かいます。

戦国時代の衣装に着替えたソウゴたち。
しかし、ウォズだけは観ている人が混乱するといって
そのままの服装です。

ソウゴとゲイツは信長側、
ウォズとツクヨミは武田がわと接触してみることにします。

とはいったものの、
ツクヨミはどうやってさがそうかといいますが、
ウォズは尾行している忍者に聞いて見ようと
早々に捉えてしまいます。

さすがウォズは行動が速いw

忍者は武田軍に所属していて
信長と南蛮人の女を仕留めれば報酬がもらえるてはずだったそうです。

早速情報を共有したソウゴとゲイツは
信長軍の建物に侵入。

そこで信長の家臣、牛三(若林時英)と出会います。

牛三はソウゴたちを武田軍と思い、
手裏剣攻撃を放ちますが、
ソウゴもゲイツも華麗によけると、
敵ながらあっぱれという感じで
信長がいるところまで案内してくれることになりました。

信長(前野友哉)の前にひざまずくソウゴとゲイツ。

信長はゲイツをみるやいなや、
自分の鎧を着させ、
あとはまかせたと言わんばかりに
陽気に去って行きます。

行った先には南蛮人の女性が立っていました。

くねくねと南蛮人の女性といちゃいちゃする信長。

ソウゴは自分の思っていた信長像とのギャップにとまどいながらも
そばにいる女性に注目します。

信長に促され自己紹介した女性は、
イックベン・クララ・スタインベルトといいました。

クリム・スタインベルトの先祖だと思われます。

武田軍はクララを狙っていた、ということになりますね。

クララはオランダの商人の娘で
1人で旅していたところを信長が保護したと牛三が説明します。

その束の間に、クララと信長はこっそり旅にでかけてしまいました。

ゲイツの背中には「影武者よろしく どろん!」と書かれた紙が貼ってありました。

信長がいなくなったいま、
牛三は自分たちでなんとかしなければ、
とゲイツを信長として扱うことに決めたようです。

ソウゴは事情をツクヨミとウォズに説明し、
クララを探すことにします。

国宝級のお香をもっているとされる信長の香りをたよりに
クララと信長の居場所を掴んだソウゴ。

ウォズはその香りにメロメロですw

信長と武田軍との合戦場では、
仮面ライダーザモナスが武田軍を率いていました。

ザモナスの攻撃に次々とやられてしまう信長軍。

ゲイツは仮面ライダーに変身します。

ザモナスと戦い始めるゲイツを
惚れ惚れしながら紙に描き始める牛三。
彼が屏風絵を描いていたのでした。

 

ソウゴたちは信長とクララを警護しながら
森の中を歩いています。

まわりを気にせずクララに話しかける信長に
ソウゴはもうすこし小さい声で!といいますが、
信長は気に掛けません。

そこへ忍者と仮面ライダーゾンジス(パパイヤ鈴木)が現れます。

ゾンジスもクララを狙っていると言います。

ソウゴとウォズは仮面ライダーに変身して
ゾンジスに立ち向かいます。

 

合戦場ではゲイツとザモナスがマシンで闘っていますw

めっちゃシュールですねw

そして、ザモナスのもとに、
スタインベルトが見つかったという情報が入ると、
合戦場から立ち去ってしまいました。

すぐさまソウゴたちに合流したザモナスとゲイツ。

ゲイツはとりあえず、
この時代から追い出す、と
ジオウ、ゲイツ、ウォズの三人の必殺技で
ゾンジスとザモナスを撃退します。

ゲイツは信長を合戦場へ連れ戻そうとしますが、
ソウゴは信長が何がしたいかを優先した方が良いと主張します。

自分たちが知っている歴史は
自分たちが勝手にイメージしたものにすぎないのでは?というのです。

ゲイツたちがソウゴに会いに来たときは
ソウゴがオウマジオウになることを疑わずにいたが、
今はそうではない、
ゲイツ達には過去の出来事でも、
ソウゴにとっては今現在を生きているにすぎない。

だから信長も歴史じゃなく「今」を生きている。

ソウゴは信長に何をしたいかを尋ねます。

信長はクララを無事に送り届けることだと話します。

ソウゴはその思いを理解し、
クララを送り届けることにします。

クララが向かった先には
修道院のピエトロがいました。

2人は恋に落ちていたのです。

ピエトロは修道院の身でありながら
クララと恋に落ちてしまったことで
神から罰が与えられたと
折れた十字架を見せます。

信長は持っていたお香をつかって
十字架を直してしまい、
2人の仲を意図せず取り持ってしまいますw

クララはお礼に信長に鉄砲を3000丁プレゼントしました。

それでも信長はクララに告白しますが、
あえなく撃沈。

クララはピエトロにメロメロです。

そんな姿を牛三が描き続けています。

牛三は信長は勇ましく、恐ろしく、
魔王だと書き記すと、
それが後世に伝わった信長のイメージとなったことに
ツクヨミもゲイツも驚きます。

一件落着し、
信長の時代から去るソウゴたち。

しかし、そこには牛三も潜んでいました。

ソウゴたちがクジゴジ堂に帰宅すると、
詩島剛とホログラムのクリムがお茶を飲んで待っていました。

クリム・スタインベルトの歴史は守られたようです。

クリム・スタインベルトはソウゴに礼を言うと
剛とともにライドウォッチを渡します。

これで全てのウォッチが揃いました。

次の瞬間、クリム・スタインベルトは消え、
剛は記憶を無くしてしまいます。

ソウゴが真の魔王となった瞬間でした。

そしてソウゴの前にあったウォッチたちもなくなっているのでした。

ウォズは魔王の誕生を祝い、
ソウゴを虎柄の玉座に招きます。

やっと王様になる事がかなう、
ゲイツとともに玉座に向かうと、
そこには謎の男(ISSA)がすでに座っていました。

玉座の両脇にはザモナスとゾンジスもいます。
そしてウォズの姿は謎の男のそばにあります。

その男は「トキワソウゴ」と名乗り、
今まで替え玉をよく務めてくれた、と
ソウゴを蹴落とします

トキワソウゴは自らを「クォーツァー」と名乗り、
歴史の管理者だといいます。

2000年生まれの少年のなかから、
常磐ソウゴを選んだというのです。

常磐ソウゴは気絶してしまい、
ウォズによると平成仮面ライダーの最期のページが閉じられました。

 

ゲイツとツクヨミはクジゴジ堂に帰り、
どういうことなのか考えます。

ゲイツ達が知っているソウゴは
歴史上のソウゴではないかもしれない。

オウマジオウの筋書きが創作物であったなら、
それにあわせて普通の高校生ソウゴと
魔王になるソウゴが別々に選ばれていたとしたら、

よくわからんが、ソウゴ殿は処刑されるでござるな

ゲイツの後ろから牛三が現れ、
ビックリするゲイツとツクヨミ。

牛三はゲイツに惚れ込み、
伝記を書くために現代に付いてきたようです

 

街ではトキワソウゴの合図とともに
ダイマジーンが出現していました。

捕らえられたソウゴは
ウォズから事情を聞きます

平成仮面ライダーは設定も世界観もバラバラだという声が多く、
令和の時代を迎えるに当たり、
1人のライダーにすっきりまとめることにした、と。

人のよさそうな常磐ソウゴを選んだことで
過去のライダーたちは喜んでウォッチを渡してくれたという
ウォズに対し、
ソウゴは、自分が奪ったみたいだと反論します。

ウォズは自分の歴史書に基づいて導いただけだといいます。

そして、ソウゴを「我が魔王」というのは嫌いじゃ無かったと伝えるのでした。

 

大空に大きく空いた異空間の穴。

人々はなんだなんだとスマホで写真を撮っています。

トキワソウゴは人々にいいます。

「その命、この王に返上するがいい」

そして次々と人々を異空間の穴へ吸い込ませるのでした。

しかも吸い込まれるのは平成生まれの人物だけです。

詩島剛も吸い込まれそうになりますが、
牛三とツクヨミに助けられます。

 

囚われたソウゴのとなりの牢屋に突如として現れた男。

「ぶっとばすぞぅ」

それは仮面ノリダーでした。

ソウゴは仮面ライダーか?とつぶやきますが、
仮面ノリダーは仮面ライダーに選ばれなかったと悲壮感をただよわせます。

選ばれたからにはその責任があるんじゃ無いか?
今、平成ライダーはおまえだろうっ!

その言葉にソウゴはうつむきます。

そして再び顔を上げるとそこに仮面ノリダーの姿はありませんでした。

そこへツクヨミと詩島剛、牛三がソウゴを助けに来ます。
(牛三は剛が吸い込まれないように剛の背中に乗っていますw)

ソウゴは剛にウォッチと仮面ライダーの力を奪ったことを詫びます。

しかし、剛はウォッチを渡したのはソウゴだからだと返すのでした。

雑魚は剛が担当し、
ツクヨミとソウゴはトキワソウゴのもとへと急ぎます。

 

トキワソウゴは平成という歴史を作り直すと宣言します。

そこへ替え玉の常磐ソウゴが逃げたという一方を受け、
ザモナスとゾンジスが向かいます。

トキワソウゴの元へ訪れた部下らしき男は、
変装したゲイツでした。

ゲイツはトキワソウゴの前にあったウォッチを奪い逃走します。

後をおうウォズ。

そしてゲイツとウォズが対決します。

しかし、ゲイツは変身解除させられてしまいます。

根本が違うというウォズに
ゲイツは反論します。

ゲイツはソウゴとともに戦い過ごすうちに
ソウゴに惹かれていった。
ウォズも同じはずだと。

ソウゴはおまえ達の枠におさまるような
男ではないと。

しかしウォズは
世界を新たな道へと導く人間だと違いを主張します。

めずらしく感情的になるウォズ。

ゲイツを蹴飛ばし、ウォッチも奪い返さずに去ってしまいます。

 

ソウゴはトキワソウゴの元へ辿り着きます。

平成を作り直す。

なぜならこれまでの平成はデコボコだらけで醜いから。

(人間だけでなく、スカイタワーなど平成に作られたモノも吸い込まれていたのはそのためだったのですね)

俺がキレイに舗装しなおしてやると
仮面ライダーバールクスに変身。

ソウゴは生身のまま吹っ飛ばされます。

そこへゲイツがグランドジオウライドウォッチを持ってかけつけてくれました。

ソウゴとゲイツも変身です。

ジオウは平成ライダーをよび、
バールクスと闘わせますが
まったく効果がありません。

ゲイツもまたゾンジスにやられていました。

そしてバールクスによって変身解除させられたソウゴは
異空間の穴へと吸い込まれていきます。

そして、三輪車に乗る幼少期のソウゴをみかけます。

母に将来なにになる?ときかれたちびっ子ソウゴは
「おおさまになる!」と笑顔で応えていました。

そして、オウマジオウがあらわれ、
なんのために王になるのだ?ときかれます。

人に認めてもらう為?
自分が特別であるため?

ソウゴはどちらも違うと反応します。

現代に戻り、
吸い込まれ途中のソウゴは
いいます。

ソウゴが王になりたかったのは、
世界を良くするためでした。

その言葉に手に持つオウマジオウライドウォッチが反応。

仮面ライダーオウマジオウに変身します。

 

オウマジオウに変身した姿をみたウォズは
微笑んでいました。

「祝え!大魔王の力を受け継ぎ、
すべての力を知らしめす最終王者
仮面ライダージオウオーマボーブの誕生である」

ウォズによって華々しく紹介されたジオウ。

指でちょいっとうごかすと、
カッシーンがつぎつぎとふっとんでいきます。

強すぎ!

仮面ライダーバールクスはウォズに
クォーツァーのホコリを忘れたかといわれますが、
ウォズ自身も平成の時代を生きてきたため、
もはやクォーツァーではないというのでした。

そしてカメラ目線でいいます。

我が魔王は信長に思いのままに生きろと言いました。
ワタシも思うままに生きさせてもらおう

そして持っていた予言の書を自らの手で破ってしまいます。

舞い散った予言の書の紙たちが異次元空間の入り口を破壊させます。

そして詩島剛にもライダーの力が甦り、
仮面ライダーマッハに変身します。

平成仮面ライダーが次々と甦り、
カッシーンたちを倒していきます。

そこにはグレンや斬月、ゴライダー、
G、そして漫画本からとびだしたクウガの姿も。

そしてジオウはダイマジーンも撃破します。

仮面ライダーウォズの煽り文句の途中で、
仮面ライダーバールクスの剣が身体を貫きます。

バールクスがとどめを刺そうとした瞬間、
ゲイツがそれを阻止します。

あいつこそがオレたちの王だ!

そして、バールクスを吹き飛ばし、
人々に王に続け!と呼びかけます。

一般人もカッシーンと戦い始めました。

 

そしてバールクスが巨大化。

平成の時代をキレイにまとめようとしたのに!と
怒り心頭で暴れ出します。

ソウゴはそんなバールクスに
勝手にまとめんなと叫びます。

みんなその瞬間瞬間を必死に生きている

それをむちゃくちゃというなっ!

ソウゴもまた怒っていたんですね。

平成仮面ライダー全員のキックをバールクスに浴びせます。
(それぞれのライダーにタペストリーのように名前が表示されている演出は面白いです)

そしてそれぞれの仮面ライダーベルトを映し出した後、
バールクスの身体をキックが貫きます。

バールクスが持っていたバリアは
「平成」の文字に貫かれていましたw

バールクス「ば、ばかな!」(色んな意味でw)

無事にバールクスを撃退することに成功します。

ソウゴとゲイツの元へツクヨミがかけよります。

ソウゴはゲイツとツクヨミにお礼を言います。

そして、これからは・・・

そう言いかけたとき、
ゲイツとツクヨミの身体が消え始めます。

ゲイツ達がやってきた未来がかわったという証拠です。

ゲイツはソウゴに「感謝するぞ」と言い残し、
来てて行きました。

 

残された牛三は号泣w

ソウゴと牛三の前に
クォーツァーの取り巻き男たちが現れます。

本当にこのままでいいのか?
未来は醜いぞ

そういう男たちにソウゴは言います。

ゲイツやツクヨミ、ウォズがいたから、
今があって未来がある。

その未来を俺は行きたい。

 

ゼッタイ美しくないぞという男に
未来が美しくないなんてあたりまえじゃん
本に書いてあるわけじゃ無いんだから。

そう笑うと、男達も笑い出し、
本に書いていない未来を観てみたいと言って消えていくのでした。

 

ソウゴと牛三がクジゴジ堂へ帰ると、
そこにはツクヨミとゲイツが待っていました。

ソウゴ「おかえり」

ツクヨミ「ただいま」

そしてウォズが現れます

かくして元普通の高校生、常磐ソウゴは
新たなページを書き記すことになった

死んだはずだと思っていたウォズや
ゲイツ、ツクヨミが消えなかった理由、
それは、ウォズにもわからないそうです。

現実は小説より奇なり、というウォズに
ゲイツはお前が言うかっ!と飛びつきます。

ツクヨミがソウゴになぜだかきくと、
ソウゴは言いました。

これだけはわかる。

未来は誰にもわからない
一瞬一瞬、生きていくしか無いんだ。

順一郎が作ったカレーをみんなで食べはじめます。

エンドロール

まだ生きていたゾンジス。

これからの時代は俺が創る!と言いますが、
登場した仮面ライダーゼロワンに阻止されます。

ゼロワンはフライングファルコンに変身して
ゾンジスを倒しました。

俺の時代が始まるなぁ~

おわり。

劇場版仮面ライダージオウover quartzerはU-NEXTで視聴できます

文字だけでは細かな部分までイメージわかないかもですね^^;

映像ももう一度観たいというかたは、

2020年1月にBlu-ray & DVDが発売されていましたが、
ワタシはU-NEXTで視聴しましたよ^^

550円のレンタル作品でしたが、
毎月もらえるポイント1200を使って追い金無しで観られました~

↓初回31日間は無料でお試し↓

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の情報はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です