騎士竜戦隊リュウソウジャー第28話「ミクロの攻防」のネタバレと感想!アスナ回ナダは敵?味方?

騎士竜戦隊リュウソウジャー第28話「ミクロの攻防」を視聴しました!

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー第28話「ミクロの攻防」ネタバレ

アスナの中にマイナソーが寄生

コウとナダが剣を使って訓練をしています。

コウを追い込むナダをみて、アスナとメルトはレッドの候補だったことに納得するのでした。

コウはナダから、ここぞというときの攻撃に乱れがあることを指摘されると、
全く気がつかなかったことにショックを受けて考え込みます。

そのことをコウがアスナに話しながら歩いていると、
突然クレオンが登場。

バズーカーを放って、紙吹雪をまき散らします。

アスナは紙吹雪が鼻に入ってしまい、
くしゃみが出そうででません。

 

ういの家で鍋を囲んでクレオンの一コマを話していると、
突然、アスナが胸を押さえながら苦しみ出します。

クレオンが紙吹雪を撒いたときに、アスナの肺の中に小さなマイナソーが入り込み、
寄生したのでした。

コウはアスナを守れなかったことを悔やみます。

コウとメルトはチイサソウルを使って、
アスナの肺の中に入ることを決意します。

バンバの指示のもと肺の中へ進むと、
マイナソーが出現。

レッドとブルーがマイナソーを攻撃するとアスナが苦しみ出しました。

バンバが調査すると、
マイナソーのトゲトゲした尻尾がアスナの心臓を包み込んでいるのがわかります。

手を出せず、しかたなく退散するレッドとブルー。

 

次の策を練るリュウソウジャーたち。
アスナが迷惑かけてごめんと言うと、
バンバは悪いのはドルイドンだと気遣います。

そこへナダから一報が入ります。

アスナを助けるための特訓をしてくれるそうです。

ドッシンソウルを使って心臓を包む尻尾だけ消滅させようというのです。

ドッシンソウルなら自分が一度使っているからとメルトが言いますが、
アスナがこうなった原因は自分にあるからやらせてくれと、
コウは頼みます。

マイナソーの原因はミジンコ男爵

カナロが町を歩いていると、
女性(ひとみ)が助けを求めに来ます。

夫(蘭斗)が連れ去られそうになっていると言われ、
2人で現場へ向かいます

すると、蘭斗の周りをドルイドンが囲み、
蘭斗のトラウマである「ミジンコ男爵」と言う言葉を呼ばれ続けていました。

蘭斗はクレオンから緑の汁を飲まされ、
妻のひとみからいわれた「ミジンコ男爵」というあだ名を呼ばれることで
マイナスの感情が生まれ
マイナソーを生んでいるのでした。

制止に入るカナロ。

 

一方、ナダとコウはドッシンソウルを使って、
網で包まれた水の入った風船の網だけを破る訓練をしていました。

何度もトライしますが、
風船が割れてしまいます。

このままではアスナの心臓が砕けてしまいます。

なかなか成功しないコウはあきらめかけます。

するとナダは
アスナの命にもう一度はない!と一喝し、
お前はレッド失格だ、とその場を立ち去りました。

そして、アスナの中のマイナソーが巨大化しているという一報が入ります。

バンバはマイナソーの巨大化を防ぐために部屋を飛び出しました。
後を追うトワ。

 

そして、クレオンの元にブラックとグリーンが到着します。
ゴールドも加えて、囲まれたクレオンでしたが、
ガチレウスに助けられ、
マイナソーを巨大化させるように指示をされます。

アスナを倒すのは自分しかいない コウの自分との闘い

巨大化するマイナソーに苦しむアスナ。

コウはアスナの元に戻り、
全力をつくす、とドッシンソウルを使います。

コウは、ナダから言われた
ここぞというときの攻撃の乱れ
お前はレッド失格
という言葉がよぎり、
特訓で成功できなかった映像が甦ってきて
なかなか覚悟がきまりません。

メルト、うい、ういの父がはげましますが、
まだコウは迷っているようでした。

そんな姿をみたアスナは苦しみながらも立ち上がり、
コウに檄を飛ばします

何を迷っている
あんた、勇猛の騎士でしょ
あたしのいのち、コウに預けたから

アスナは覚悟を決め、コウに背中を向けます。

コウもその言葉に自分ならできると覚悟が決まったようです。

アスナに一撃をくらわすコウ。

アスナはそのまま倒れてしまいました。

コウは必死に大声でよびかけます。

・・・。

・・・。

・・・。

こえでかい

アスナは無事に立ち上がり、復活しました。

そして出そうで出なかったくしゃみを一発。

アスナの中にいたマイナソーがういの家の換気扇を通り越し、
外へ飛んでいってしまいました。

その後、巨大化します。

アスナはパキガルーを呼んでリュウソウ合体。

マイナソーを殴打して撃破します。

 

アスナが無事に助かって、喜ぶ仲間達。

バンバだけが後ろを向いています。

コウが声を掛けると
もうアスナに会えないかと思っていたようです。

メルトから、もしかして泣いてる?と
言い当てられると、
鼻をすすり、
そんなわけない!、とその場を離れるのでした。

トワはそんな兄の姿は初めて見たとかけよります。

コウ、アスナ、メルトが和気あいあいとたわむれている姿を
ナダは遠くで神妙な表情でながめているのでした。

 

つづく

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー第28話「ミクロの攻防」感想

バンバの表情がかなり豊かになってきましたね!

アスナの身に危険が及ぶと、
いてもたってもいられず部屋を飛び出しちゃうところなんかは、
優しくなったなぁって感じました。

最後泣いちゃっていましたしw

そして今回のマイナソー、ベルゼブブマイナソーは巨大化してからやられるまでなんとも時間が短かったですね!

なんだかかわいそうw

アスナを怒らしてはいけませんね。

 

カナロは助けた夫婦の姿を見て、何を思ったのでしょうか?

お互いに謝り、自分の非を認める

カナロの思っていた結婚観にちょっと変化が生まれそうですね!

 

そして、ナダはいったい何がしたかったのでしょうか?
アスナを助けるためにコウに特訓させたのかと思ったのですが、
失敗させる気だったのではと思う人も多くいました。

レッドは俺が受け継ぐってつぶやいていましたし、
結果はナダの思惑通りにはいかなかったようですが^^;

仲間なのか敵なのか、混乱してしまいますね!

でもナダの面白い部分とダークな部分が両方みえるから
なんだかとても魅力的に感じてしまうのです。

今後の展開が楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です