騎士竜戦隊リュウソウジャー第30話「打倒!高スペック」のネタバレと感想!

騎士竜戦隊リュウソウジャーの第30話を視聴しました。

ガイソーグの正体がナダだとわかったリュウソウジャーたちはどんな反応をするのでしょうか?

さそくみていきましょう♪

騎士竜戦隊リュウソウジャー第30話ネタバレ

 

カナロは結婚相談コンサルタントに相談をしています。
けっこんを決めた相手と別れることになり、
カナロは前に進もうと努力していたのでした。

高身長・高学歴・高収入の高スペックだと教わるのでした。

謎のたまご、ピーたんは空の騎士竜

ういの家でピーたんについて調べるリュウソウジャー一同。

ティラミーゴがピーたんを食べようとすると、
しゃべりだし、一同を驚かせます。

次の瞬間、ういの父がセトーとなり、
ぴーたんと話を始めます。

「お前は空の騎士竜か」

セトーが地上の騎士竜を封印したとき、
ピーたんだけは空に逃げ出していたのでした。

以前のピーたんはスリムだったというセトー。

ピーたんは宇宙に逃げたときに突然封印され、
たまごのような姿にさせられてしまったようです。

誰に封印させられたのか聞き出そうとしたとき、
トワたちからマイナソー出現の一報を受けます。

 

リュウソウブラック・グリーン・ゴールドが闘っていたマイナソーは
堅い身体と素早さ、カナロのモサチェンジャーもはねのける強敵で
苦戦してしまいます。

そこへレッド、ブルー、ピンクも参加しますが、
あまりの強さにこちらも苦戦してしまいます。

そしてクレオンとワイズルーが現れ、
高スペックマイナソーだということを告げます。

最近、結婚相談コンサルタントに聞いた
高身長・高学歴・高収入の高スペック。
肩書きがすごいということを知るリュウソウジャーたち。

でもピンクのそれで結婚できるのか?という問いかけをきっかけに
デュラハンマイナソーは苦しみ、
緑の光をリュウソウジャーたちに浴びせます。

その攻撃にアスナだけ、
目が開かなくなります。

そのすきに逃げるドルイドンたち。
追うトワとバンバの前にガイソーグが立ちはだかります。

マイナソーを生んだ原因は?高スペックゆえの悩み

一方、アスナとコウ、メルトはういの家に戻り、
カガヤキソウルでアスナの目を回復させます。

なぜアスナだけ攻撃が効いたのか。。。

デユラハンマイナソーの「ゲカプリー」という叫び声をヒントに
外科医のプリンス敦史の存在を知ります。

完璧な人なのにマイナソーを生むの?というアスナでしたが、
カナロはその気持ちがわかると話します。

高スペックでも結婚できない人はたくさんいる、
大切なのは自己中心的にならず、
相手を尊重し敬う気持ちが大切である。

という結婚相談アドバイザーの言葉を思い出し、
高スペックなのに結婚できないつらさがマイナソーを生んだと予想します。

そこへバンバとトワが帰ってきます。

そしてガイソーグの正体がナダだということを伝えます。

一同は衝撃をうけ、
カナロはリューソージャーをやめさせたかったのかと納得します。
ナダの過去もよく知るバンバから、
ナダを信じるなと忠告をします。

しかし、コウだけは何か理由があるはずだと仲間であることを堅く信じるのでした。

ナダの過去とは?強さを求めるために手にしたガイソーグの鎧

トワはナダの話を聞くために、
1人でナダのところへ行きます。

ナダはリュウソウレッドを受け継いだ男をみてみたかったと話します。

トワはコウからレッドの座を奪いたかったのでは?と問います。

しかし、ナダは今はそんな気持ちではないと
ガイソーグの過去の話を始めます。

今から数百年位前、
ドルイドンたちが地球を襲ったとき、
マスターレッドたちが救ったことがありました。

そのとき、マスターグリーンは命を失った。
しかし、本当は生きていた。

 

ガイソーグの鎧を身につけると
これまでの鎧を着た者たちの記憶を見ることができるのです。

当時のマスターグリーンはガイソーグの鎧を身につけて闘っていました。

そしてマスターグリーンはいつしか弱い心につけこまれて鎧に支配されてしまいます。

 

鎧に支配されたマスターグリーンは自分の村を破壊してしまいます。
そして破壊行動の衝動を抑えられなくなったマスターグリーンは
宇宙へ逃げ、ひとりでひっそりと亡くなったのでした。

 

リュウソウジャーになれなかったナダは
みんなを見返す力がほしくて最強の力を手に入れられるガイソーグの鎧を手にしたのでした。

しかし、念願の力を手に入れてもどんどん強さを求めてしまって全然楽しくないと嘆きます。

 

トワはバンバも同じく強さを求めていたが、
コウと出会ったお陰で仲間を守るために闘うようになったと話します。

ナダのこともコウは今でも仲間だと信じている、と伝えます。

そこへトワのもとにマイナソー出現の一報が届きます。

デュラハンマイナソーとの闘い

町の女性たちだけ目をみえなくするマイナソー。

そんなマイナソーに怒りを覚えるピンク。

 

一方、バンバとカナロは外科医のプリンス敦史を救出するために、
ワイズルーのいる場所へと乗り込みます。

敦史を救出しようとしますが、
敦史は自分の高スペックを認めようとしない女達が悪いと言い放ちます。

カナロは敦史を平手打ちし、
結婚できないのは自分のせいだと諭します。

モテないのはつらいこと、

だが、自分の高スペックを相手に押しつけていないか、
結婚はお互い相手を敬い、尊重してできるものだ

そんな言葉を、敦史は素直に聞くのでした。

 

そのころ、ピンクの攻撃がデュラハンマイナソーに効き始めます。

カナロの説得が成功したと判断したリュウソウジャーたち。

 

カナロからモテない男は内面が弱いことを聞いたコウは
ドッシンソウルで攻撃するも、
強靱な身体にはじき返されてしまいます。

そこへガイソーグが現れます。

強さを求めるガイソーグは
デュラハンマイナソーを攻撃し、
強靱な身体を破壊します。

続けてレッドがドッシンソウルで
追い打ちを掛け、
無事に撃破するのでした。

 

ナダの姿に戻ったもとへ
コウたちが駆け寄ります。

自分はガイソーグだと伝えますが、
コウはナダはナダ、信じていると伝えます。

そんなコウをナダはさすがマスターレッドが認めた男だと認めますが、
悔しいと表情がこわばります。

そんな異変に気付くトワ。

コウが後ろを振り返った瞬間、
ナダはガイソーグの剣で背中を切り付けてしまいます。

ナダの前に倒れるコウ。

お前のそういうところがホンマに嫌いや

 

つづく

騎士竜戦隊リュウソウジャー第30話感想

数々の失恋を経験してきたカナロ。

高スペック敦史を諭す場面なんかは
なんとも説得力のある一コマでした。

結婚相談アドバイザーの
結婚はお互い相手を敬い、尊重してできる
という言葉から自分の価値観を押しつけていたと言うことに気づけた
カナロはやっぱり素敵だと思いました。♪

 

そしていよいよ闇展開に入ってきました!

ナダさんがコウを切り付けるなんて衝撃的な最後でしたね!

これまでもナダさんがコウをレッド失格と言い放ったりしていたので
レッドになりたいんだなぁと思っていましたが、
強くなるように指南していることもあって
あんたどっちなの?って混乱していましたw

ガイソーグの鎧を身にまとうことで
過去の記憶も全部引き継いでしまう恐ろしい鎧。

それだけマイナス感情みせられたら、
さすがのコウでも精神弱くなっちゃうかもしれませんね。

私が着たら一発で村を破壊しちゃいますけど。

ナダがメインの回は次回も続くようです。

楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です